現在地
トップページ > そだちの丘 > そだちの丘の事業について > 児童発達支援地域スクール事業 > 児童発達支援地域スクール事業について

児童発達支援地域スクール事業について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月23日更新

児童発達支援地域スクール事業

1.令和2年度の事業について

新型コロナウィルス感染拡大防止により、夏季(14日間)の地域スクール事業の開催を中止することになりました。

冬季及び春季の開催については、今後状況を随時確認しながら開催を検討していきます。

ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2.地域スクール事業とは

夏季及び春季の長期休暇中に心身の発達に心配があるまたは障がいのある子どもたちの日中生活において、居場所づくり・家庭または学校とは違った経験や地域の方々と交流できる場、介護者の負担軽減と子供の日常生活支援をはかり、地域における障がいに対しての理解を深めていただくことを目的としています。

3.事業の成り立ち

【2004年(平成16年)】

度会養護学校(現:度会特別支援学校)と玉城わかば学園の地域支援として事業を実施する。

【2005年(平成17年)】

市町村合併で新『松阪市』を誕生し、市が中心となり運営する。

【2006年(平成18年)】

NPO法人エールの会に事業運営を委託し、事業を実施する。

【2013年(平成25年)】

松阪市社会福祉協議会に事業運営を委託し、事業を実施する。

【2016年(平成28年)】

『松阪市障がい児サマースクール事業』から『松阪市児童発達支援地域スクール事業』とし、通年型の事業として拡大する。

4.地域スクール事業の1日の流れ

時間表

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。