現在地
トップページ > そだちの丘 > そだちの丘のご案内 > 「そだちの丘」整備事業の経過概要 > 松阪市子ども発達総合支援センター整備事業の経過概要【平成25年~28年度】

松阪市子ども発達総合支援センター整備事業の経過概要【平成25年~28年度】

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月8日更新

【平成25年度】

平成25年5月12日に、第1回新療育施設を考える集いを開催し、新療育施設整備の検討委員のあり方及び検討事項について、一般市民からの意見を聴収しました。


その意見をもとに、同年8月8日に第1回松阪市障がい児療育施設整備検討委員会を設置し、6回の検討委員会、保護者意見交換会、第2回新療育施設を考える集い及びパブリックコメントを経て、新障がい児療育施設整備事業基本計画を作成し12月26日に市長へ答申しました。

【平成26年~27年度】

平成26年4月に松阪市子ども発達総合支援施設公開設計競技審査委員会を設置し、全国からその設計を公募して審査をおこない、最優秀の設計を選考しました。

平成26年8月1日に松阪市子ども発達総合支援施設公開設計競技審査委員会より下記の審査講評が出されています。

また、平成26年8月には松阪市子ども発達総合支援事業運営あり方等検討委員会を設置し、公開設計競技にて選考した設計による実施設計の策定にかかる意見交換を実施、さらに、開設後の事業運営についての基本指針を議論していただき、その基本指針を策定して、平成27年6月4日に市長へ答申されました。

平成27年7月4日に松阪市子ども発達総合支援施設の建物新築工事の起工式を行い、平成28年3月30日に本体が完成しました。また、訓練士等の専門職員の採用試験を実施しました。

【平成28年度】

松阪市子ども発達総合支援センターの愛称公募を行い、平成28年6月3日の愛称選考会にて「そだちの丘」と決定しました。(http://www.city.matsusaka.mie.jp/site/sodatinooka/aisho.html


また、施設の外構工事、駐車場工事、備品等の搬入の後、9月上旬に完工し、9月22日に竣工式及び内覧会を実施しました。10月1日に開館し、10月3日から利用を開始しました。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)