現在地
トップページ > そだちの丘 > そだちの丘のご案内 > 「そだちの丘」の愛称について > 子ども発達総合支援センターの愛称が決定しました。

子ども発達総合支援センターの愛称が決定しました。

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月3日更新

松阪市では、平成27年・28年の2年間で心身の発達に心配があるまたは障がいがある子どもが地域で途切れない支援を受けながら安心した暮らしを実現するための支援を目指す施設を整備しておりました。

平成28年6月3日に子ども発達総合支援センター愛称募集選考審査会を実施し、次のとおり決定しました。

松阪市子ども発達総合支援センターの愛称  『そだちの丘』

【愛称の理由】こどもたちが健やかに元気にそだっていけるような施設になってほしいから。丘は、丘の上にあるから。

表  彰

平成28年7月22日に市長応接室にて表彰式を行いました。

【最優秀賞】 「そだちの丘」 : 林 汰樹(当時10歳) 松阪市南虹が丘町

【優  秀  賞】 「えがお園」 : 岡田 陽子(当時72歳) 松阪市射和町

また、お子さまから年配の方までの幅広い層の市民から37件の応募作品をいただきました。ご応募ありがとうございました。

現在の『そだちの丘』

門の前      玄関前

     駐車場の出入り口にて               玄関の出入り口にて

今後とも松阪市子ども発達総合支援センターの愛称「そだちの丘」をどうぞ宜しくお願い致します。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。