展示のご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2021年1月13日更新

 松浦武四郎記念館の展示室では、2ヶ月ごとに展示する資料を入れ替えながら、多彩な分野で活躍し、さまざまな顔を持つ松浦武四郎の姿を紹介しています。

現在の展示テーマ

武四郎涅槃図の世界

展示期間

 令和3年1月13日(水)~3月14日(日)

この展示期間中の休館日

  • 1月18日(月)、25日(月)
  • 2月1日(月)、8日(月)、12日(金)、15日(月)、22日(月)、24日(水)
  • 3月1日(月)、8日(月)

※上記のほかに臨時休館する場合があります。

展示概要

松浦武四郎は生前に自らのなくなる時の姿を釈迦の涅槃図になぞらえ、画家の河鍋暁斎に描かせました。

松の木の下で昼寝しているように横たわる武四郎の足元で泣き伏しているのは妻、周りで泣き悲しむのは武四郎自らが集めたモノたち、空には浮世絵からぬけ出した美女が描かれ、まさに武四郎の夢の涅槃図といえます。

奇想天外な武四郎の涅槃図の世界をどうぞご覧ください。

展示資料

  • 武四郎涅槃図
  • 火之用心袋
  • 猿猴図
  • 鍾馗図
  • 妙楽菩薩塑像
  • 日課天神図
  • 白衣観音図
  • 布袋図       など

 ※展示室特別コーナーには、大首飾りのレプリカを展示しています。

関連事業

 

地図情報

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。