展示のご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月19日更新

 松浦武四郎記念館の展示室では、2ヶ月ごとに展示する資料を入れ替えながら、多彩な分野で活躍し、さまざまな顔を持つ松浦武四郎の姿を紹介しています。

現在の展示テーマ

  旅に生きた武四郎

展示期間

 令和2年5月19日(火)~7月12日(日)

この展示期間中の休館日

  • 5月25日(月)
  • 6月1日(月)、8日(月)、15日(月)、22日(月)、29日(月)
  • 7月6日(月)

※上記のほかに臨時休館する場合があります。

展示概要

  松浦武四郎は「旅」を志し、生涯を「旅」にいきました。

 武四郎の「旅」が、「歩く」、「見る」、「知る」、「記す」、「伝える」であったことを、残された資料から紹介いたします。

 

展示資料

  • 矢立
  • 寺社覚書
  • 松浦武四郎書簡
  • 東奥沿海日誌
  • 鹿角日誌
  • 佐渡日誌
  • 塩松紀行 詩十二首巻
  • 北野天満宮奉納神鏡背面拓本
  • 天満宮二十五霊場神鏡背面拓本
  • 太宰府天満宮奉納神鏡背面拓本          など

 

 ※展示室特別コーナーには、大首飾りのレプリカを展示しています。

関連事業

 

地図情報

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。