ふるさと納税制度とは

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

ふるさと納税制度とは

 自らが応援したいという地域に対する皆さんの気持ちに寄附という形でお応えできるよう、平成20年度に創設された制度で、一般的に「ふるさと納税」と呼ばれています。

 「ふるさと納税」といっても、その応援したい地方公共団体に直接納税するのではなく、応援したい地方公共団体に寄附をした場合に、その一部が現在お住まいの地方公共団体の住民税などで、金額に応じ一定の額を控除できる制度で、結果的に税額の控除された額が応援したい地方公共団体に納税したものと同じ効果となるものです。 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。