現在地
トップページ > 防災 > 防災計画・マニュアル > 災害時職員行動マニュアル > 松阪市災害時職員行動マニュアル

松阪市災害時職員行動マニュアル

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月4日更新

松阪市災害時職員行動マニュアルとは

 市では、市民の生命・財産を災害から守るため、「自助・共助・公助」の観点から市民・地域・防災関係機関等が取るべき役割を明らかにした「松阪市地域防災計画」を策定しています。しかし、地域防災計画は、いわば平時おける防災、災害対策についての方向性を示したものであり、行政が被災することを前提にしたものではありません。
 そこで、行政が被災することを前提として、業務継続計画(BCP)を発動するような大規模災害発生時に市職員が迅速な判断・行動ができるよう、その基本的な行動指針として「松阪市災害時職員行動マニュアル」を策定しました。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)