現在地
トップページ > 防災 > 住宅の耐震化 > 耐震診断・補強補助 > 耐震診断の戸別訪問について

耐震診断の戸別訪問について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月31日更新

耐震診断の戸別訪問について

1.事業の内容

 木造住宅の耐震化に関する補助制度の周知や促進を目的として、昭和56年5月以前の旧建築基準で建てられたと思われる木造住宅に、市が委託する「三重県木造住宅耐震促進協議会」の職員や登録診断員が戸別訪問をしております。

 市内全域を順次、訪問していますので、訪問地区のみなさまには事前に自治会を通じて回覧板などでお知らせしています。

2.訪問職員について

 訪問する職員は「特定非営利活動法人 三重県木造住宅耐震促進協議会」の職員または登録診断員であり、次の3点を着用、携帯しています。

  1.  市が証明する名札
  2.  「松阪市」と書かれた腕章
  3.  市の耐震診断申込書兼同意書

 なお、市からの委託先と名乗った上で、上記に該当しない職員である場合など不審な点がありましたら、防災対策課までお問い合わせください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。