現在地
トップページ > 松阪市民病院 > 病院について > お知らせ > 治験・臨床研究

治験・臨床研究

印刷用ページを表示する掲載日:2022年11月7日更新

「透明性ガイドライン」に基づく情報公開に対する同意」について

松阪市民病院は、日本製薬工業協会をはじめとする医療関係業界団体等が策定する当該ガイドラインの趣旨に賛同し、契約書・同意書等への記載に代えて、以下通知文をもって、当該公開対象となる資金等が公開されることに同意いたします。
通知文 「企業活動と医療関係等の関係の透明性ガイドライン」に基づく「A.研究費開発費等」情報公開に対する同意について

治験の状況

治験

治験依頼者の方へ

  1. 治験の実施に係る標準業務手順書
  2. 治験審査委員会標準手順書
  3. 受託研究算定要領 第5版

治験審査委員会議事録

令和4年度


令和3年度


令和2年度

臨床研究の状況

臨床研究

  1. 人を対象とする生命科学・医学系研究に関する標準業務手順書 第5版
  2. 倫理審査委員会標準業務手順書 第5版

臨床研究情報公開一覧 ( 課題名をクリックすると研究の詳細が表示されます。 )

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしく口頭で説明・同意を行い実施します。
臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用い研究等については、国が定めた指針に基づき「対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」が、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされています。研究不参加を申し出られた場合でも、何ら不利益を受けることはありません。

研究に情報を利用することをご理解いただけない場合は研究責任者にご連絡ください。

 
部署研究責任者研究課題名番号
呼吸器外科伊藤 温志COVID-19流行下でのリモートを併用した呼吸器外科ロボット手術の初期教育システム導入に関する研究22080232
呼吸器内科畑地 治切除不能ステージIII非小細胞肺癌患者における同時化学放射線療法後のデュルバルマブの長期安全性及び有効 性に関する観察研究(AYAME study)22082652
呼吸器内科伊藤健太郎非小細胞肺がんに対しニボルマブ単剤にて加療された患者様の診療情報を用いた解析を行う研究22091644
呼吸器内科畑地 治進行または再発非小細胞肺がん治療のため当院でニボルマブとイピリムマブをご使用されていた患者さんの診療情報を用いた臨床研究へのご協力のお願い21040221
呼吸器内科畑地 治切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌または進展型小細胞肺癌患者に対するアテゾリズマブ併用療法の多施設共同前向き観察研究におけるバイオマーカー探索研究21050765
呼吸器内科畑地 治日本におけるEGFR遺伝子変異陽性の進行肺腺癌患者を対象とした一次治療としてのアファチニブ(ジオトリフ®)投与及び後続治療に関するリトルワールド研究21041663
リハビリテーション科天白 陽介高齢肺炎症例の摂食嚥下機能予後に関する検討研究計画書21041661
高齢肺炎症例の摂食嚥下機能予後に関する検討研究説明書
皮膚科杉本 恭子薬剤性過敏症症候群診断基準ガイドライン作成のための全国疫学調査21032311
リハビリテーション科田垣 幸真脳卒中発症後の急性期リハビリテーションの検討21030582
呼吸器内科伊藤健太郎実臨床における肺非結核性抗酸菌症の多施設後方視的観察研究肺非結核性抗酸菌症にて加療された患者様の診療情報を用いた解析を行う研究に対するご協力のお願い21021921
呼吸器内科伊藤健太郎進行・再発非小細胞肺癌におけるPD-1阻害薬と化学療法併用後のドセタキセル/ラムシルマブの効果・予後を評価するための多施設後方視研究21022631
泌尿器科米村 重則泌尿器科腫瘍に対する三重大学医学部付属病院および関連病院におけるレジストリ研究20120461
呼吸器内科畑地 治胸部単純X線画像と機械学習による肺炎補助診断ツールの研究 20110651
消化器内科服部 愛司ERCPにおいてHigh flow nasal cannulaを用いた当院の後ろ向き観察研究20111321
泌尿器科米村 重則泌尿器疾患に対する三重大学医学部付属病院および関連病院におけるレジストリ研究20100261
呼吸器内科畑地 治アレルギー性気管支肺真菌症 第2回全国実施調査20100263
呼吸器内科畑地 治非小細胞肺癌のBRAF遺伝子変異に関する研究20070331
眼科高嶌裕布子未治療浸出型加齢黄斑変性治療成績の診療録調査による多施設共同後ろ向き研究20052971

 


ダウンロードファイル

ポスター

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)