ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

病院の沿革

ページID:0112269 更新日:2022年7月8日更新 印刷ページ表示

市民病院の年表

昭和21年9月 健康保険松阪市民病院開設
昭和22年6月 病床50床新設
昭和26年1月 松阪市に経営委託
昭和28年9月 現在地に第2病棟、第3病棟(結核病棟)、市立産院新設。病床数200床
昭和33年6月 第1病棟新設。病床数260床
昭和34年4月 総合病院承認
昭和41年10月 救急医療機関の承認
昭和46年5月 伝染病隔離病舎改築(松阪市外12ヶ町村伝染病隔離病舎組合に改組)
昭和50年3月 病院内容変更により病床数300床(一般260床、結核8床、伝染病30床)
平成4年10月 病院新規移築建設工事第1期完成
平成6年2月 基準看護特3類
平成6年9月 病院新規移築建設工事第2期完成
平成6年10月 病院内容変更により病床数338床(一般300床、結核8床、伝染病30床)
平成8年4月 医薬分業開始
平成9年4月 臨床研修指定病院認定
平成11年2月 日本病院機能評価機構認定(一般病院種別B)
平成11年3月 伝染病隔離病舎廃止
平成15年6月 女性外来開設
平成15年8月 一般病床移行
平成15年10月 第二種感染症指定医療機関
平成15年12月 訪問看護ステーション開設
平成16年1月 病院内容変更により病床数308床(一般306床、感染症2床)
平成16年4月 病院機能評価再認定
平成16年7月 災害拠点病院指定
平成18年4月 電子カルテ導入
平成18年9月 創立60周年記念式典開催
平成19年12月 緩和ケア病棟・健診センター等完成
平成20年1月 緩和ケア病棟・健診センター等開設
平成20年2月 松阪市民病院あり方検討委員会答申書提出
平成20年4月 DPC導入
平成20年5月 松阪市民病院改革委員会開催(全6回)
平成20年9月 医師人事評価制度の導入
平成21年2月 松阪市民病院開設者 山中光茂市長就任
平成21年3月 公設公営で運営することを決定
平成21年5月 日本医療機能評価機構(一般病院)再認定
平成21年7月 新型X線、血管造影撮影装置等の導入
平成21年8月 循環器内科開設
平成22年4月 総合企画室を設置
平成22年6月 看護部人事評価制度の議決
平成22年8月 がん患者リハビリテーション施設に認定(県内初)
平成22年12月 松阪市民病院のビジョン(平成22年度~平成24年度)策定
平成23年3月 三重県がん診療連携推進病院に指定
平成23年7月 医療相談窓口(がん相談)設置
平成24年4月 三重県へき地医療拠点病院に指定
平成24年4月 松阪市民病院呼吸器センター開設
平成24年4月 がんサポートチーム設置
平成24年4月 療養病床50床を急性期病床に変更
平成24年7月 松阪市民病院のビジョン2(平成24年度~平成26年度)策定
平成25年5月 消化器・内視鏡治療センター開設
平成25年6月 コメディカル人事評価制度の議決
平成26年8月 地域医療支援病院に指定
平成27年3月 松阪市民病院のビジョン3(平成27年度~平成29年度)策定
平成27年10月 松阪市民病院開設者 竹上真人市長就任
平成28年9月 地域包括ケア病棟開設
平成29年3月 松阪市民病院のビジョン4(平成28年度~平成32年度)策定
平成30年3月 地域医療構想をふまえた松阪市民病院の在り方検討委員会答申提出
令和2年2月 第二次地域医療構想をふまえた松阪市民病院の在り方検討委員会提言書提出