個人情報保護方針

印刷用ページを表示する掲載日:2022年10月31日更新

個人情報保護方針

 当院では、基本理念、病院運営の基本方針に基づき、患者さんに適切な医療を受けていただくよう日々努力しております。また、患者さんの権利を尊重する立場から、患者さんの個人情報につきましても、適切に保護し管理していくことがとても重要なことであると考えております。
 当院では次のような個人情報保護方針(プライバシーポリシー)を定め、確実な履行に努めてまいります。

患者さんの個人情報保護に関する当院の基本方針

プライバシーポリシー

 当院では下記の基本方針に基づき、患者の個人情報を適切に管理し、厳重な注意を払って取り扱います。

  1. 当院では、個人情報保護に関する法律・規則及び関連指針を遵守し、それらに基づいた院内の規程を定め、患者の情報を管理しています。また個人情報保護上の問題点がないことを適宜確認し、継続的な改善を図っています。
  2. 当院では、診療及び病院の運営管理に必要な範囲において、患者の個人情報を収集しています。また、その利用目的に関しては院内掲示及びWebサイトを通じ、患者に明示しています。
  3. 当院が収集した患者の個人情報を医学研究・教育・研修に用いることがありますが、患者のプライバシーを侵害しないように努めます。
  4. 当院では、患者の個人情報を適正に取り扱うために、責任者を置き、職員・学生・研修生に継続的な教育を行っています。
  5. 当院では、患者の個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいを防止し、安全で正確な管理に努めます。
  6. 当院では、一部の業務を外部の事業者等に委託する場合があります。当院では信頼のおける事業者等を選択すると同時に、患者の個人情報が不適切に扱われないように監督します。
  7. 当院では、患者の健康及び生命を守るために、診療上、医療情報を第三者に知らせる事が求められる場合も、その必要性を慎重に吟味し、できる限り患者の個人情報を保護するように努めます。
  8. 当院では、患者の要求に応じて、医療情報を開示しています。また取り扱いに関して不適切な点があった場合にはそれを是正いたします。何らかの理由で開示や是正に応じられない場合にはその理由をご説明申し上げます。
  9. 当院は、個人情報に関する患者からの質問・相談をお受けする窓口を設置しております。

*個人情報の取り扱いについて、疑問点や同意し難い事項がございましたら、患者相談支援窓口(1階中央階段横)にお申し出てください。なお、お申し出のない場合はご同意いただけたものと取り扱わせていただきますのでご了承願います。

個人情報

包括同意についてのお願い

1.はじめに

 松阪市民病院(以下「本院」という。)では,「基本理念、病院運営の基本方針」に則した診療を実施しております。
 また,本院は地域医療支援病院としての使命を有しています。このため,本院に来院する傷病者等すべての人(以下「患者さん」という。)の人権を尊重した先進的医療を行うとともに,次世代を担う医療人(学生,研修医,看護師等)の育成も行っております。
 さらに,医学の進歩を目指して、新たな治療法・治療薬等を開発する臨床研究、治験等に積極的に参加しております。
 このような診療、教育、研究を円滑に進めるため、本院では、患者さんに以下の方法を用いて「説明と同意」の確認をさせていただいております。

  1. 個別同意(書面(または口頭)で説明し、書面(または口頭)で同意をいただく方法)。
  2. 包括同意(一定の基準の下に「個別同意」のような手続きを経ないで同意をいただく方法)

包括同意に関しては、ご本人からのお申し出により、診療等に支障のない範囲内で不同意等の意思表示が可能です。なお、包括同意への意思表示の内容は、本院で受ける診療に一切影響を与えるものではありません。

2.包括同意について

以下に示す事項については、「包括同意」によって、患者さん皆さんがそれに同意いただいたものとみなしますので、ご理解とご協力をお願いします。

個人情報

本院では取得した患者さんの貴重な個人情報を含む記録を、医療機関としてだけでなく教育研究機関として、以下のとおり、所定の目的に利用させていただきますので、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

  1. 患者さんの個人情報は、各種法令に基づいた諸規定を守ったうえで別記の目的に利用されます。
  2. 上記利用目的以外に患者さんの個人情報を利用する場合は、書面により患者さんの同意をいただくことといたします。
  3. 患者さんに関する外部からの問い合わせ等には、次のように対応します。
    • 電話等による問い合わせの場合、原則としてお答えいたしません。
    • 入院患者さんは、お申し出いただくことで、面会を希望しないことができます。
  4. 患者さんの同意がなければ、原則として、患者さん以外の方から情報の収集は行いません。
  5. 患者さんは、ご自身の個人情報に関して次の権利があります。
    • 患者さんは、所定の手続きのうえ、自己の個人情報の開示を請求することができます。
    • 患者さんは、開示を受けた自己の個人情報の内容について、所定の手続きのうえ、訂正を請求することができます。
    • 患者さんは、自己の個人情報が不適切な取扱いをされていると思われる場合は、所定の手続きのうえ、自己の個人情報の利用の停止、消去、提供の停止を請求することができます。
    • 患者さんは,上記権利の決定等に関して不服がある場合は,本院に対して異議申立てをすることができます。
  6. 防犯カメラについて
    本院では、病院の管理上、防犯カメラを設置しております。その記録は病院の管理上使用するものであり、外部に公表することを目的としたものではありません。ただし、裁判所、警察署から協力依頼があった場合は、提供することがあります。
  7. 診療中の画像について
    本院では、患者さんの治療に必要な場合は、病巣等の評価及び治療方針等を決定するため、診療中(処置、検査、手術等を含む)の様子をカメラ等で撮影、録音し必要な情報を得ることがあります。またこれらの情報は、教育研究機関として、医師等の育成等に利用することがあります。

検査・診療行為

 本院では,書面で正式な説明同意をいただく診療項目と,口頭及び掲示で説明と同意確認をさせていただく診療項目に分けて,対応させていただいております。
医師が立ち会う必要がないもの,患者さんへの心身へのご負担も少ないものにつきましては、診療を円滑に進めるために,説明と同意確認を口頭または掲示で対応させていただいております。

学生実習と診療看護師・特定行為看護師実習

 本院は、診療を行う医療機関であるとともに、教育研究機関として医療の「教育」と「研究」を使命とし、次世代を担う医療人育成を行っております。その一環として、学生等の実習生を受け入れて、指導者の下、教育を行っており、学生等の実習生が診察等に同席させていただくことがあります。

診療に伴い発生する情報の利用

 現在、本院が提供している治療は、現時点でもっとも良いと科学的に評価されている治療法が中心になっています。医療は、研究を積み重ねることによって進歩を続けてきました。そのため、新しい治療法や診断法等を開発する研究には、患者さんから得られる情報が不可欠です。本院でも、診療を行うとともに医学の発展に寄与するような臨床研究や治験を行っており、その際には、診療に伴って発生する情報を利用することが必要な場合があります。

*診療に伴い発生する情報とは

 本院で診療を受けると、診療録(カルテ)、X線写真、患部の画像等のデータ、血液検査、病理検査、一部の遺伝子検査、生理機能検査結果(心電図、各種超音波検査、聴力検査、平衡機能検査、呼吸機能検査等)の診療情報が集められます。
 また、血液や尿等の検査試料、診断のための生検(胃内視鏡検査等の際に組織の一部を採取すること)した試料、手術で切除した組織等の試料が集められます。
 これらの集められた診療情報及び試料は、診療に必要なものとして、保管されていますが、その後、診療上不必要となった場合でも、医学研究・教育のための大切な情報となります。
 本院では、これらの情報を病気の発生、進行、再発、予後等との関わりや、病気に伴う症状、治療の効果、副作用等について研究する目的で利用することがあります。

*情報の提供

 本院では、すべての患者さんにこれらの情報のご提供をお願いしています。この情報提供は、自由意思によります。原則として、不同意の意思表示がない場合は、同意をいただいたものとみなして医学教育・研究に利用させていただきます。

*秘密保持

 情報の提供によって、患者さんに直接の危険性が及ぶことはありません。しかし、万が一個人情報等が漏れてしまった場合は、患者さんが不利益を被る可能性があります。このため、本院では、考え得る危険性を避けるため、厳重な機密保持の方策を採っています。情報は匿名化して扱いますので、研究責任者及び関係者以外は、患者さんの氏名等と結びつけることはできません。また、研究によって得られた成果を学会や科学専門誌等に発表する場合にも、個人が特定されることはありません。

 包括同意について、ご不明な点がある場合または意思表示をされる場合につきましては、患者相談支援窓口(1階中央階段横)にご相談ください。それぞれの担当部署等をご案内いたします。

松阪市民病院 病院長