現在地
トップページ > 防災 > 住宅の耐震化 > その他の耐震補助 > 地震に備えて家具の固定を行いましょう

地震に備えて家具の固定を行いましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月10日更新

 阪神・淡路大震災による犠牲者の内、倒壊した住宅や転倒した家具の下敷きとなった方は約80%にのぼり、また、新潟中越地震においても、負傷者の約40%が家具の転倒などによるものでした。
 南海トラフの巨大地震をはじめとした大規模な地震の発生が懸念されるなか、家具の転倒を防止するためにL字金具やチェーン等による家具固定を行いましょう。

 また、松阪市では高齢者のみの世帯や障がい者などの災害時要援護者が居住する世帯を対象に、家具固定を無料で行っています。

松阪市災害時要援護者宅家具固定事業

対象となる方

市内に住所があり、次のいずれかに該当する方です。

  • 65歳以上の高齢者のみの世帯
  • 身体障害者手帳(1級~3級)、要介護認定3以上、療育手帳Aまたは精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている方が居住する世帯

公営住宅やアパート等にお住いの方も利用できます。(所有者の承諾が必要です。)
老人ホーム等に入所している方、過去に当事業を利用したことがある方は対象となりません。

事業の内容

タンス・食器棚などの家具を、L字金具やチェーンなどで壁や柱などに固定します。
固定する家具は3つまでとします。冷蔵庫、洗濯機、テレビなどの家電製品やピアノは除きます。

家具固定の実施と費用

市が業務委託する団体(公益社団法人松阪市シルバー人材センター)が伺い、無料で実施します。

実施戸数

80世帯(先着順)

募集期間

平成29年5月1日から平成30年2月28日まで

※上記期間以外でも受け付けますが、実施が次年度(6月以降)になる場合があります。

申込方法

  上記の対象要件が確認できるもの(健康保険証の写しや各種手帳の写し等)を持参して、防災対策課または各地域振興局地域振興課へ申し込みください。
 なお、建物の所有者が申込者と異なる場合は、家主の承諾が必要です。

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)