現在地
トップページ > 松阪市立歴史民俗資料館 > お知らせ > 企画展案内 > 松阪市立歴史民俗資料館 企画展案内

松阪市立歴史民俗資料館 企画展案内

印刷用ページを表示する掲載日:2019年12月2日更新

第70回松阪肉牛共進会開催記念企画展
「松阪牛」~世界ブランドと呼ばれるまで~

 

開催期間

令和元年9月10日(火曜日)~12月8日(日曜日)

 

開館時間

9時00分~16時30分 ※10月からは16時00分まで

 

開催期間中の休館日

9月17日、9月24日、9月30日

10月7日、10月15日、10月21日、10月23日、10月28日

11月5日、11月11日、11月18日、11月25日

12月2日

 

入館料

一般 80円

6歳以上18歳以下 40円

 

※11月3日《氏郷まつり開催日》と11月24日《松阪牛まつり開催日》は関西文化の日実施のため無料!!

 

展示概要

 江戸時代より松阪地域では、役牛として農耕用の牛が多く飼育されていました。明治になり西洋化が進み、牛肉の需要が高まると、労役後に肉牛として肥育、東京などへの流通経路が開拓され、そこで高い評価を受けるようになります。
 戦後、農業の機械化により役牛が姿を消すと、子牛から直接、肥育が行われるようになり、肉牛の生産地としての地歩を固めていきました。
 明治以降、肥育農家や流通、販売などに関わる多くの人々の努力により、「世界ブランド」、「肉の芸術品」などと称賛されるようになった松阪牛の歴史をたどります。

 

企画展「松阪牛」チラシ表

 

企画展「松阪牛」チラシ裏

 

 

 

展示替えにつき、
令和元年12月9日(月曜日)~12月16日(月曜日)
令和2年3月9日(月曜日)~3月16日(月曜日)
【予定
は臨時休館いたします。

 

 

 

【次回企画展】

館蔵品展 「暖」と「温」~冬の暮らし~

 

開催期間

令和元年12月17日(火曜日)~令和2年3月8日(日曜日)

 

開館時間

9時00分~16時00分

 

開催期間中の休館日

12月23日、12月29日、12月30日、12月31日

1月1日、1月2日、1月3日、1月6日、1月14日、1月20日、1月27日

2月3日、2月10日、2月12日、2月17日、2月25日

3月2日

 

入館料

一般 80円

6歳以上18歳以下 40円

 

展示概要

 昨夏の企画展では、夏の暑さをしのぐための「涼」と「冷」を求めた人々の道具を展示しました。
 今回は、季節に合わせて、「暖」と「温」というテーマで企画展を実施します。この地域で暮らしてきた人々は、冬の寒さをしのぐためにどのような工夫をしてきたのでしょうか。
 今も使われているものはもちろん、ほとんど使われなくなった、今も姿を変えて使われている、新しく創り出されたものなど、「暖」と「温」を求めた人々の工夫を、道具等を通して紹介します。時代とともに変化してきた冬の暮らしを偲んでみてはいかがでしょうか。

 

館蔵品展「暖」と「温」チラシ表

 

館蔵品展「暖」と「温」チラシ裏

 

 

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)