現在地
トップページ > 松阪市立歴史民俗資料館 > お知らせ > 企画展案内 > 松阪市立歴史民俗資料館 企画展案内

松阪市立歴史民俗資料館 企画展案内

印刷用ページを表示する掲載日:2020年9月14日更新

戦後75年記念企画 身近にあった戦争 ~失われゆく記憶~

 

開催期間

令和2年6月30日(火曜日)~ 9月22日(火曜日)

 

開館時間

9時00分~16時30分

 

開催期間中の休館日

7月6日、7月13日、7月20日、7月27日

8月3日、8月11日、8月17日、8月24日、8月31日

9月7日、9月14日

 

入館料

一般 80円

6歳以上18歳以下 40円

 

展示概要

  「戦争が終わって僕らは生まれた🎶・・・」の歌詞で始まる「戦争を知らない子供たち」という題名のフォークソングが、太平洋戦争が終わり25年余りを経た、1970年初めに発売されヒットしました。その頃、いわゆる戦争を知る世代が、国民の半数に満たなくなった時代でした。
 今回の企画展では、空襲による焼夷弾の焦げ跡が残る板戸等、松阪空襲に関する資料をはじめ、松阪地域に残る戦争の資料を中心に展示をしています。戦争を知らない世代の方々に、これらの郷土松阪に残る戦争の時代を語る資料をご覧いただき、戦争のない平和な時代がこれからも続くことへの願いを新たにしていただけたらと思います。

 

 

身近にあった戦争チラシ表

 

身近にあった戦争チラシ裏

 

 

 

 

 

展示替えにつき、
令和2年9月23日(水曜日)~9月30日(水曜日)
は臨時休館いたします。

 

 

【次回企画展】

企画展 松阪の剛力無双 鎌田又八と浮世絵展

令和2年10月1日(木曜日)~12月27日(日曜日)

 

 

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)