遺族基礎年金の受給手続き

印刷用ページを表示する掲載日:2022年3月28日更新

 遺族基礎年金は、被保険者または老齢基礎年金の資格期間を満たした方(保険料納付済期間と免除期間などが25年以上)が死亡したとき、その方の子どものある配偶者、またはその方の子どもが受給できる年金です。
 子どもは、18歳到達年度の末日までが対象となります。なお、国民年金法施行令に定める障がいに該当しているときは、20歳になるまでが対象となります。
 手続きの場所や方法、必要となる書類等は、市役所(おくやみコーナー)または年金事務所にてご確認ください。

【主な必要書類】
〇死亡した方
・基礎年金番号通知書(年金手帳)または年金証書 ・死亡診断書の写し
〇請求者
・マイナンバーがわかるもの(マイナンバーカード 等)・戸籍謄本・通帳・印鑑・本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証 等)

※遺族厚生年金を受給できるときは、年金事務所で手続きとなります。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。