トップページ > 松阪牛 > 松阪牛ってどんな牛:公社

松阪牛ってどんな牛:公社

(三重県松阪食肉公社)


松阪市大津町にある、牛やブタを、肉にするために解体して出荷する会社です。
正式な名前は 株式会社 三重県松阪食肉公社 と言います。
会長を三重県知事、社長は松阪市長がつとめることになっています。
1977年(昭和52年)11月から仕事を開始しています。
松阪牛は、ここと東京の食肉市場だけで解体されます。
解体の仕事のほかにも、松阪(まつさか)牛(うし)個体(こたい)識別(しきべつ)管理(かんり)システムの
管理(かんり)の仕事をしていて、係員が、松阪牛を育てている農家に行って、
買ってきた子牛を確認(かくにん)したり、大きくなった牛も時々調べています。
また、松阪牛シールなどを作ったり、集めた情報(じょうほう)をインターネットで見られるようにしています。
このような仕事により、安全で安心な松阪牛が出荷されるのです。


松阪牛ってどんな牛松阪牛の歴史松阪牛を育てる仕事科学で見る松阪牛

松阪牛こどもサイトのトップ


 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。