トップページ > 松阪牛 > 科学で見る松阪牛:コレステロール

科学で見る松阪牛:コレステロール

(悪玉コレステロール)


コレステロールはあぶらのなかまで、体の中にたくさんふくまれていて、
生きていくために大切なものです。
でも、「悪玉コレステロール」と呼ばれるものは体のあちこちにたまりやすく、
とくに血管にたまると動脈(どうみゃく)硬化(こうか)という、
血の流れが悪くなって死ぬこともあるおそろしい病気を起こします。
松阪牛の肉に含まれるあぶらは、この悪玉コレステロールをへらすはたらきがあるといわれています。


松阪牛ってどんな牛松阪牛の歴史松阪牛を育てる仕事科学で見る松阪牛
松阪牛こどもサイトのトップ


 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。