現在地
トップページ > 発注・結果情報(物品等) > 発注状況掲示板 > 郵便入札(過去の発注情報) > 160246 条件付き一般競争入札(インターネット分離システム構築及び賃貸借保守)

160246 条件付き一般競争入札(インターネット分離システム構築及び賃貸借保守)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月7日更新

松阪市公告契第160246号

 本調達は、社会保障・税番号制度の開始に伴い自治体内で特定個人情報を取り扱うようになったことにより、自治体情報セキュリティの強化を図るものであります。
 現在、松阪市(以下「本市」という。)ではインターネット利用を業務用端末から行っていますが、総務省から示されている自治体情報システム強靭性向上モデルに基づき、新たにインターネット利用専用のネットワークを構築します。

 条件付き一般競争入札を行いますので、参加を希望する者は、入札参加要件を確認したうえで入札参加届出書を提出されたく公告します。
平成28年9月7日

松阪市長 竹上真人

条件付き一般競争入札

1.件名

インターネット分離システム構築及び賃貸借保守

2.履行(納入)場所

松阪市情報企画課第一別棟 マシーン室ほか

3.発注課

情報企画課

4.履行期間等

  • [インターネット分離システム構築期間]
    契約締結日から平成29年3月31日(金曜日)まで
  • [インターネット分離システム機器賃貸借及び保守期間]
    平成29年4月1日から平成34年3月31日まで

5.予定価格

206,718,000円(消費税相当額抜き)

※なお、入札書の入札価格内訳にある「インターネット分離システム構築費」、また「インターネット分離システム機器賃貸借及び保守料」と「松阪市IaaS利用料」の合計については、次のとおり、それぞれ上限額を設定しているので、いずれかの上限額を超えての入札は無効とする。

  • [インターネット分離システム構築費]
    46,020,000円(消費税相当額抜き)
  • [「インターネット分離システム機器賃貸借及び保守料」と「松阪市IaaS利用料」の合計]
    160,698,000円(消費税相当額抜き)

6.入札に参加できる者の資格要件

(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項の規定に該当しないこと。
(2)松阪市契約規則(平成17年規則第64号)第3条第1項の規定に該当しないこと。
(3)松阪市契約規則第5条の規定による一般競争有資格者名簿に登録されている業者であること。
(4)営業種目として「業種:(委)管理・保守 営業種目:OA機器」に登録があること。または「業種:(委)管理・保守 営業種目:情報システム」に登録があること。
(5)建設工事等指名(入札参加資格)停止措置要領(松阪市告示第150号)により、指名停止を受けている期間でないこと。
(6)過去10年間以内に、国または県、市において全庁ネットワークの設計、構築又は運用実績があること。【なお、実績の確認のため入札参加申請時に、履行実績を証明する書類(履行証明書及び契約書等の写し)を契約監理課調達係までFaxで送信すること(Fax 0598-22-3533)。なお、申請書提出期間内に到着しなければ、入札に参加できない。】
(7)会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続き又は民事再生法(平成11年法律第154号)に基づく再生手続き中の者でないこと。
(8)国税及び地方税を滞納していないこと。
(9)法人又はその役員等が次に掲げる全ての要件を満たす者であること。

  1. 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)又はその利益となる活動を行う法人でないこと。
  2. 暴力団又は暴力団の構成員(暴力団の構成団体の構成員を含む。)若しくは暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者(以下「暴力団の構成員等」という。)の統制の下にある法人でないこと。
  3. 法人でその役員等のうちに暴力団の構成員等となっている者がいないこと。
  4.  法人でその役員等のうちに暴力団又は暴力団関係者を経営に実質的に関与させ、不正に財産上の利益を得るために利用し、又は暴力団関係者に対して金銭、物品、その他の財産上の利益を不当に与えている者がいないこと。
  5. 法人でその役員等のうち暴力団又は暴力団関係者が開催するパーティー等その他の会合(以下「会合」という。)に出席し、若しくは自らが開催する会合等に暴力団関係者を招待したりするような関係、又は暴力団関係者と会食、遊戯、旅行、スポーツ等を共にするような交友関係などを有している者がいないこと。

(10)本市の全庁ネットワークに新たな機能を追加するものであり、ネットワークに関する実績と能力がある企業であること。
(11)予定価格は上限価格になるので、この価格以下で入札すること。なお、入札書の入札価格内訳にある「インターネット分離システム構築費」、また「インターネット分離システム機器賃貸借及び保守料」と「松阪市IaaS利用料」の合計については、上記「5.予定価格」のとおり、それぞれ上限額を設定しているので、いずれかの上限額を超えての入札は無効とする。
(12)予定価格の10%に相当する額以下で行った入札は、桁間違いの錯誤とみなし無効とする。
(13)入札参加有資格者が入札までに入札参加資格条件を満たさなくなったときは、入札に参加できない
(14)同等品にて入札参加を希望する場合は、以下の承諾期限までに「事前承諾願書(*)」を発注課へ申請すること。なお、承諾されない場合は、参考物品以外での納品はできない。
(15)入札条件に違反した入札は無効とする。

7.参加申請提出書類{指定用紙}

 必ず指定用紙により、ファックスで送信すること。(Fax番号0598-22-3533)
指定の書式(*)は、下記「ダウンロードファイル」よりダウンロードできます。

【入札参加申請時に、併せて履行実績を証明する書類(履行証明書及び契約書等の写し)を契約監理課調達係までFaxで送信すること(Fax 0598-22-3533)。】

8.参加申請期間

平成28年9月7日(水曜日)から平成28年9月23日(金曜日)午後3時まで

9.入札参加資格の決定

入札参加資格が無いものには平成28年9月26日(月曜日)午後5時までに電話で連絡する。電話連絡の無い場合は、入札参加資格があるものとする。

10.同等品/参加品目承諾期限

入札参加するにあたり同等品を納品しようとするときは、「(様式3)事前承諾願書(*)」に必要事項を記入し、カタログ等を添え発注課へ申請し、必ず下記期限までに承諾を取ること。なお、申請又は承諾されない場合は、参考物品以外での納品はできない。

[申請期間]平成28年9月7日(水曜日)~9月16日(金曜日)午後5時
[承諾期限]平成28年9月23日(金曜日)午後5時

11.質問の方法

質問はファックス等文書にて調達係まで行うこと。(Fax 0598-22-3533)
質問書受付締切期限以降は仕様に関する質問は受け付けないものとする。
質問の期限は、下記のとおりとする。質問の回答は、原則として質問提出者のみに回答する。

[受付期間]平成28年9月7日(水曜日)~9月16日(金曜日)午後3時
[回答期限]平成28年9月23日(金曜日)午後3時

12.入札方法

郵送方式による入札(持参は認めない)

(1)郵送方法      

市指定サイズはこちら

  • ア.宛先 〒515-8799 松阪郵便局留 松阪市役所契約監理課行
  • イ.到着期限 平成28年9月27日(火曜日)必着
  • ウ.郵送種別 一般書留、簡易書留、特定記録郵便のいずれかによる。

(2)提出書類  

13.入札(開札)日時等

(1)入札(開札)日時 平成28年9月29日(木曜日)13時30分
(2)入札(開札)場所 松阪市2階入札室

14.入札保証金

免除

15.契約保証金

契約金額の100分の10以上

※ただし、松阪市契約規則第31条第1項に掲げる場合においては、全部又は一部を免除することができる。

 本件の契約については、入札書の入札価格内訳の「インターネット分離システム構築費」及び「インターネット分離システム機器賃貸借及び保守料」の金額に100分の108を乗じたそれぞれの額(1円未満の端数は切り捨てる。)を、「インターネット分離システム構築業務委託契約」及び「インターネット分離システム機器賃貸借保守契約」の契約金額とします。そのため、それぞれの契約金額の100分の10以上を契約保証金とします。

16.最低制限価格

無し

17.その他

(1)当該入札に参加資格の無い者のした入札及び入札に関する条件に違反した入札は、無効とする。
(2)落札者が、契約までに入札条件を満たさなくなったときは、契約の締結はできない。
(3)事故が起きたときや不正な行為があると認めたときは、入札を中止し、又は延期する場合がある。
(4)本件の契約について、入札書の入札価格内訳の「インターネット分離システム構築費」及び「インターネット分離システム機器賃貸借及び保守料」の金額に100分の108を乗じたそれぞれの額(1円未満の端数は切り捨てる。)が「インターネット分離システム構築業務委託契約」及び「インターネット分離システム機器賃貸借保守契約」の契約金額です。なお、本稼働後における松阪市IaaS利用料は、松阪市がIaaS業者へ支払いを行う。
(5)落札に当たっては、入札書に記載された金額をもって落札金額とし、当該金額の100分の8に相当する額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた金額)をもって契約金額とするので、入札者は、消費税等に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、見積もった契約希望金額の108分の100に相当する金額を入札書に記載すること。
(6)落札決定後すみやかに発注者と協議の上で構築作業をすすめることとし、納期を遵守すること。
(7)本公告、法令及び松阪市の契約関係条例等に定めがあるもののほか、入札契約等に関する取扱いは、松阪市のホームページ「物品・役務の窓」内に掲示している「システムのご案内」、「入札心得」に従って行うので、入札参加に当たっては必ず確認すること。ただし、本件については、「入札心得」第9における代表立会人を設定しないものとし、当該入札事務に関係のない職員を立ち会わせるものとする。なお、開札は公開とする。
(8)落札者は、契約の履行にあたり労働関係法令等を遵守すること。

18.仕様書

仕様書1 [その他のファイル/2.5MB]

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。