現在地
トップページ > 松浦武四郎記念館 > 松浦武四郎誕生地のご案内 > 松浦武四郎誕生地のご案内

松浦武四郎誕生地のご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2016年6月17日更新

松阪市指定史跡「松浦武四郎誕生地」

 松阪市指定史跡「松浦武四郎誕生地」は、昭和37年(1962)に当時の三雲村が史跡に指定した場所です。
 北海道の名付け親とされる松浦武四郎にとっては故郷の実家であり、現在は松阪市の所有となっています。
※武四郎は四番目に生まれた子どもであり、家は兄が跡を継いだため、28歳で蝦夷地の調査をする頃から江戸に拠点を置き、明治21年(1888)に71歳で東京で亡くなった後、武四郎直系の子孫は東京で暮らしました松浦武四郎誕生地

松浦武四郎誕生地松浦武四郎誕生地 松浦武四郎誕生地 

誕生地の前を通る伊勢街道

 誕生地の前の道は「伊勢街道」といい、南に行けば伊勢神宮へ、北へ行けば四日市の日永で江戸と京都を結ぶ「東海道」につながっており、古くからお陰参りの旅人が多く行き交った道でした。

武四郎の旅の原点

 この道を歩く旅人は、武四郎が13歳の頃に起こった文政のお陰参りで、1年に400~500万人に上ったとされ、武四郎は街道を歩く多くの旅人に刺激を受け、旅を志すようになっていったと考えられます。
 そして、武四郎は28歳で北海道を探検しますが、北海道を目指す前に、実家の仏壇で、すでに亡くなっていた父母にお参りをして、旅立っています。
 また、この地域には伊勢街道の宿場町として賑わっていた頃の建物が残っていないため、当時の暮らしを知る上でも貴重な建物でもあり、この誕生地なくしては、武四郎の生涯を語ることはできません。

※現在は保存整備工事を行っているため、ご覧いただけません。
  平成30年2月25日日曜日、武四郎まつりの日に公開予定です。松浦武四郎誕生地の保存と活用に、みなさまのご理解とご支援をいただきますよう、よろしくお願いします。

※松浦武四郎記念館から松浦武四郎誕生地へは歩いて7分ほどです。記念館の駐車場に車を停めていただき、伊勢街道を散策して誕生地へお出かけください。街道沿いの各家々には、かつてのにぎわいがわかるよう屋号の看板が掲げられています。
※誕生地の前を通る伊勢街道は道幅が狭いので、お車でお出かけの際は十分にお気をつけください。お車は誕生地に近い佐竹酒店の向かいにある空き地へお停めください。

ダウンロードファイル

地図情報

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)