略年表

印刷用ページを表示する掲載日:2012年7月25日更新

武四郎の生涯を4つの時期に分けて紹介しています。ご覧になりたい時期をクリックして下さい。

※年齢はすべて数え年で表記しました。
※年号は生年を除いて、その年の途中で改元になった場合は、新しい年号で表記しました。

諸国遍歴
西暦年号日本の主な出来事武四郎の主な出来事年齢
1818文化15 伊能忠敬没 松浦時春(桂介)の四男として「竹四郎」が誕生1歳
1821文政4 「大日本沿海輿地全図」完成 4歳
1824文政7  近くの寺で読み書きを習い、「名所図会」を愛読7歳
1825文政8 異国船打払令 8歳
1828文政11 シーボルト事件 11歳
1830天保元 文政のおかげ参り 津藩平松楽斎の私塾に学ぶ(~16歳)13歳
1833天保4 天保の大飢饉(~39) 手紙を残して突然家出→江戸で見つかり連れ戻される16歳
1834天保5 水野忠邦老中就任 全国を巡る旅に出る。近畿→中国→四国→近畿17歳
1835天保6  近畿→北陸→甲信越→東北→関東→中部→近畿→四国18歳
1836天保7  四国八十八ヶ所霊場巡礼→近畿→山陰→山陽(鞆の浦)19歳
1837天保8 大塩平八郎の乱、モリソン号事件 山陽→九州一周20歳
1838天保9  長崎で大病、「禅林寺」で出家し僧侶「文桂」となる21歳
1839天保10 蛮社の獄(渡辺崋山、高野長英ら逮捕) 平戸の「千光寺」で住職を務める(24歳まで)22歳
1840天保11 清、イギリスとアヘン戦争(~42) 23歳
1841天保12 天保の改革(水野忠邦) 24歳
1842天保13 天保の薪水給与令 対馬から朝鮮半島へ渡ろうとしたが果たせず25歳
1843天保14 老中阿部正弘 長崎でロシア南下の危機を知り、一転蝦夷地を目指す、郷里へ戻り参宮と父母の墓に参る、「西海雑誌」を著す26歳
1844弘化元 フランス船琉球来航、オランダ国王開国勧告 郷里で「四国遍路道中雑誌」を執筆、青森鰺ヶ沢まで行き蝦夷地を目指すが、松前藩の取締りが厳しく果たせず27歳
蝦夷地調査と志士としての活動
西暦年号日本の主な出来事武四郎の主な出来事年齢
1845弘化2 イギリス船琉球来航 第1回蝦夷地探査。商人和賀屋孫兵衛の手代に身を変え、函館→森→有珠→室蘭→襟裳→釧路→厚岸→知床→根室→函館を巡る28歳
1846弘化3 米使ビッドル浦賀来航 第2回蝦夷地探査。松前藩医西川春庵の下僕「雲平」として、江差→宗谷→樺太→宗谷→紋別→知床→宗谷→石狩→千歳→江差を巡る、江差では志士頼三樹三郎と「一日百印百詩の会」を催す
 
29歳
1849嘉永2 嶺田楓江「海外新話」(アヘン戦争を記す)を著し、幕府より絶版、江戸から追放   第3回蝦夷地探査。函館から船で国後島、択捉島へ渡る32歳
1850嘉永3  「初航蝦夷日誌」全12冊・「再航蝦夷日誌」全14冊・「三航蝦夷日誌」全8冊が完成、「蝦夷大概図」・「新葉和歌集」を出版33歳
1851嘉永4  「蝦夷沿革図」・「表忠崇義集」を出版、「断璧残圭」・「盍徹問答」・「婆心録」を復刻34歳
1853嘉永6 6月アメリカのペリー浦賀に来航、7月ロシアのプチャーチン長崎に来航 吉田松陰と海防問題を語り合う、「読史贅議」を復刻36歳
1854安政元 ペリー再航、日米和親条約、日露和親条約(幕府は日露国境の画定を迫られる) 宇和島藩の依頼により下田でペリー一行の様子を調査(「下田日誌」)、「壺の石(蝦夷地)」を出版37歳
1855安政2 蝦夷地を松前藩領から幕府に再直轄、日蘭和親条約 幕府から蝦夷地御用御雇入の命を受ける、「後方羊蹄於路志」・「於幾能以志」を出版38歳
1856安政3 アメリカ総領事ハリス着任 第4回蝦夷地探査。函館→宗谷→樺太→宗谷→函館を巡る、「箱館往来」を出版39歳
1857安政4 下田協約調印 第5回蝦夷地探査。函館→石狩→上川→天塩→函館を巡る、「蝦夷葉那誌」・「新選末和留辺志」を出版40歳
1858安政5 日米修好通商条約、井伊直弼による安政の大獄(~59) 第6回蝦夷地探査。北海道全ての海岸→十勝→阿寒→日高を巡る、「近世蝦夷人物誌」の出版が許可されず、「壺の石(北蝦夷地)」を出版41歳
1859安政6 安政の大獄により、吉田松陰、頼三樹三郎ら死刑 「按西・按東・按北扈従録」全32冊・「丁巳東西蝦夷山川地理取調日誌」全23冊・「戊午東西蝦夷山川地理取調日誌」全62冊が完成、「東西蝦夷山川地理取調図」全28冊・「蝦夷漫画」・「蝦夷地名奈留辺志」を出版42歳
1860万延元 勝海舟ら咸臨丸で太平洋横断、桜田門外の変で井伊直弼暗殺 「北蝦夷余誌」・「蝦夷闔境山川地理取調大概図」を出版43歳
1861文久元 皇女和宮が将軍家茂へ降嫁 「後方羊蹄日誌」・「石狩日誌」・「久摺日誌」・「十勝日誌」を出版44歳
1862文久2 坂下門外の変 「夕張日誌」を出版45歳
1863文久3 薩英戦争 「納沙布日誌」・「知床日誌」・「天塩日誌」を出版46歳
1864元治元 四国連合艦隊が下関砲撃、幕府第一次長州征討 「鴨がい頼先生一日百詩」・「新板蝦夷土産道中寿五六」・「新板箱館道中名所寿語六」を出版47歳
1865慶応元 第二次長州征討 「西蝦夷日誌 初編」・「同 二編」・「東蝦夷日誌 初編」・「同 二編」を出版48歳
1867慶応3 10月大政奉還、12月王政復古の大号令 50歳
明治維新と開拓使での活動
西暦年号日本の主な出来事武四郎の主な出来事年齢
1868慶応4=明治元 1月鳥羽伏見の戦(戊辰戦争)、3月神仏分離令(廃仏毀釈運動)、4月江戸開城、 閏4月上京の召書、東海道間道調べ、任徴士箱館府判官事51歳
1869明治2 1月版籍奉還上奏、3月東京遷都、5月榎本武揚ら箱館で降伏(戊辰戦争終了)、8月蝦夷地を北海道と改称 任開拓判官、道名・国名・郡名撰定に尽力、叙従五位、「蝦夷誌」を復刻、「北海道国郡図」・「北海道国郡略図」・「千島一覧扇面」・「西蝦夷日誌三編」・「東蝦夷日誌 三編」・「同 四編」を出版52歳
1870明治3  開拓判官辞職(従五位返上)、「蝦夷年代記」・「壺乃碑考」・「林氏雑纂」・「千島一覧」・「西蝦夷日誌 四編」・「東蝦夷日記 五編」を出版53歳
晩年
西暦年号日本の主な出来事武四郎の主な出来事年齢
1871明治4 寺領上知の令、廃藩置県、日清修好条規調印「竹島雑誌」・「読史贅議逸編」・「西蝦夷日誌 五編」・「東蝦夷日誌 六編」を出版54歳
1872明治5 学制公布、新橋・横浜間鉄道開通「百蟲行」・「西蝦夷日誌 六編」を出版55歳
1873明治6 徴兵令、地租改正条例、征韓論敗れる伊勢度会県博覧会へ出品、岩倉具視邸内の長屋から神田五軒町へ引越し書画会を開く、「東蝦夷日誌 七編」を出版56歳
1874明治7 佐賀の乱(島義勇死刑) 57歳
1875明治8 樺太・千島交換条約、江華島事件北野天満宮へ大神鏡を奉納58歳
1876明治9 日朝修好条規締結上野東照宮へ大神鏡を奉納、「馬角斎茶余」を出版59歳
1877明治10 西南戦争、モースが大森貝塚発掘考古図録といえる「撥雲余興」を出版60歳
1878明治11 大久保利通暗殺  「新獲小集」・「東蝦夷日誌八編」を出版61歳
1879明治12 教育令公布、沖縄県設置(琉球処分)大阪天満宮へ大神鏡を奉納、妻と京都・吉野漫遊、「尚古杜多」(同題で二種類)を出版62歳
1880明治13 国会期成同盟結成吉野の金峯山神社へ大神鏡を奉納、「そめかみ」・「松のけふり」・「庚辰游記」を出版63歳
1881明治14 国会開設勅諭、明治十四年の政変、自由党結成、松方財政、開拓使官有物払下事件「辛巳游記」を出版64歳
1882明治15 井上馨が条約改正交渉、立憲改進党・立憲帝政党結成、日本銀行設立太宰府天満宮へ大神鏡を奉納、「撥雲余興二集」・「壬午游記」を出版65歳
1883明治16 徴兵令改正、岩倉具視没三井寺に鍋塚建立、熊本・宮崎を漫遊、「癸未溟志」・「癸未溟誌」を出版66歳
1884明治17 松方デフレで不況、秩父事件高野山の骨堂に抜けた髪や歯を納め、近畿地方を巡る、「甲申小記」を出版67歳
1885明治18 天津条約調印、大阪事件、内閣制度創設1月までに25霊社へ小神鏡と石標奉納、第1回大台ケ原探査、「乙酉掌記」・「乙酉後記」を出版68歳
1886明治19 学校令公布、北海道庁設置、星亨ら大同団結運動提唱第2回大台ケ原探査、「聖跡二十五霊社順拝双六」・「丙戌前誌」・「丙戌後記」を出版69歳
1887明治20 伊藤博文が憲法起草開始、保安条例公布
(570名が東京追放)
第3回大台ケ原探査、東海・近畿・四国・山陽・九州を巡る、富士登山、畳一畳の書斎を建てる、「木片勧進」・「丁亥前記」・「丁亥後記」を出版70歳
1888明治21 市制・町村制公布、枢密院設置、叙従五位、2月10日没、浅草称福寺に墓所(現在は東京染井墓地に移る)。※明治22年に大台ケ原へ追悼碑(分骨碑)が建立される71歳

このページに関するお問合せ

松阪市 教育委員会 文化課

〒515-8515 松阪市殿町1315番地3

電話:0598-53-4397

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。