現在地
トップページ > 公共施設マネジメント > 市民討議会 > 市営住宅 > 開催報告『市営住宅のあり方市民討議会』

開催報告『市営住宅のあり方市民討議会』

印刷用ページを表示する掲載日:2014年10月23日更新

 松阪市の公共施設の約17%を占め(延床面積)、老朽化が著しい「市営住宅」について3名のナビゲーター、そして10名の市民ディベーターを含めて市営住宅のあり方について議論しました。

日時

平成26年10月18日(土曜日)午後1時30分~午後4時30分

場所

松阪市産業振興センター 3階研修ホール

参加人数

63名

内容

13時30分~ 開会

13時45分~ 市民討議会

      コーディネーター:松阪市長 山中 光茂

      ナビゲーター  :谷口 元(名古屋大学特任教授)

                 赤井 伸郎(大阪大学大学院教授)

                 川嶋 幸夫(構想日本 政策アナリスト)

                市民ディベーター  10名

16時05分~ 市民ディベーターによる意見・提案

16時20分~ 講評

16時30分 閉会

 討論会の様子(1) 

討論会の様子(2) 

討論会の様子(3) 

討論会の様子(4)

 当日配布いたしました資料については、以下のダウンロードファイルにてご覧いただけます。

 また、皆さまからいただきましたご意見やアンケート等につきましては、後日、公開させていただきますので、よろしくお願いします。

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)