現在地
トップページ > 労働・雇用 > 勤労者福祉 > 松阪市勤労者総合福祉施設(ワークセンター松阪)のあり方に関する答申書 > 松阪市勤労者総合福祉施設(ワークセンター松阪)のあり方に関する答申書手交式が行われました。

松阪市勤労者総合福祉施設(ワークセンター松阪)のあり方に関する答申書手交式が行われました。

印刷用ページを表示する掲載日:2022年3月8日更新

手交式の様子1   手交式の様子2

 

 松阪市勤労者総合福祉施設(ワークセンター松阪)の管理運営を含めた今後の施設のあり方について検討する目的で「松阪市勤労者総合福祉施設あり方検討委員会」を昨年の12月20日に設置し、竹上市長により同委員会に対し諮問があり、本諮問を受け検討委員会を計4回開催し答申としてまとめていただきました。
 そして、令和4年3月7日に開催されました手交式では、笠原委員長がリモートでのご参加、別府副委員長、松葉委員にもご参加いただき、答申書を市長にお渡しいただきました。

 松阪市勤労者総合福祉施設(ワークセンター松阪)のあり方に関する答申書 [PDFファイル/468KB]


 なお、検討委員会の協議経過(計4回)については、審議会等の結果(令和3年度)より商工政策課欄の各ファイルをご覧ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)