現在地
トップページ > 松阪市選挙管理委員会 > 啓発事業の紹介 > 学校向け啓発 > 豊地小学校で選挙出前授業を実施しました。(令和2年7月6日)

豊地小学校で選挙出前授業を実施しました。(令和2年7月6日)

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月6日更新

豊地小学校で選挙出前授業を実施しました

7月6日(月曜日)、松阪市立豊地小学校にて、選挙啓発事業の一環として、選挙出前授業を実施しました。

松阪市選挙管理委員会と松阪市明るい選挙推進協議会では、将来、選挙権を得る児童・生徒の皆さんを対象に、選挙への関心を深めていただくために、選挙出前授業を定期的に実施しています。
今回は、豊地小学校の6年生の皆さん(25名)を対象に行い、同校では2回目の開催となりました。

 toyo1

まず、市選挙管理委員会事務局職員が、スライドを使って政治や選挙の仕組み等についての授業を行いました。

toyo2

次に、「豊地まちづくり選挙」と題し、架空の空き地の活用を争点とした模擬選挙を行いました

toyo3

 toyo4

投票用紙は公職の選挙と同じBPコート紙、投票記載台と投票箱も実際の選挙で使用するものを貸し出しました。

toyo5

開票作業は、児童の皆さんが自分たちで行い、選挙の結果が決まりました。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。