徘徊SOSネットワークまつさか

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月9日更新

『徘徊SOSネットワークまつさか』は認知症の方が徘徊等のため行方不明になったとき、その早期発見かつ保護につなげ、ご本人やご家族の不安や負担を軽くし、地域での理解や声がけが浸透することで、徘徊等による行方不明者の予防につなげるものです。

申請・登録

・「徘徊SOSネットワークまつさか登録票」に必要事項を記入・押印の上、ご本人の写真を持参し、下記の申請先にご提出ください。

徘徊SOSネットワークまつさか登録票様式 [PDFファイル/60KB]

 

・認知症のため徘徊の心配のある高齢者の方の情報を登録します。

【登録する高齢者の情報】⇒住所、氏名、年齢、顔写真、その他の特徴など

 登録された方には、“夜でも目立つ黄色の「反射材シール」”を配付しますので、日頃お使いになる靴や杖などに貼ってご利用ください。

シールには「松阪市、○○○番」という表示がされています。

 反射材シールの再発行はありません。服やもちものに直接番号を記入していただく、市販のシール等を使用していただくなどで構いません。もし行方不明になられたら、警察に「○○に番号が記入してあります。」と伝えてください。

申請先・登録先 

 

申請先(※太線は、担当課)

登録先(情報の共有先)

松阪市高齢者支援課

各地域振興局地域住民課

各地域包括支援センター 

     松阪市(各地域振興局を含む)

     地域包括支援センター

     松阪警察署

     松阪地区広域消防組合

 

 

 

 

 

 

 

 

登録された方が行方不明になったら

 まずは警察署にご連絡ください

■松阪警察署 電話 (0598) 53-0110

 捜索が必要な場合には直接、警察署に出向き、「行方不明者届」の申請が必要となります。(ご本人の写真と申請者の印鑑が必要です) 

その後、警察またはご家族から市の高齢者支援課へ連絡を受けます。

高齢者支援課から、メール協力機関等(認知症サポーターや介護事業所など)に行方不明の状況等を配信します。

松阪市内での最近の事例

  • 台風が接近する荒天のなか、雨具なしに歩く高齢者を発見した松阪市消防団員が声をかけて保護。徘徊SOS緊急メールを受けた消防団事務局から、分団長に連絡が届き、保護している男性であることが判明。無事にご家族のもとへ帰ることができた。(平成27年7月16日)
  • 道端で保護された方の靴にシール(番号付き)が貼ってあり、その方が事前登録されていたため、警察ですぐに個人の特定ができ、無事にご家族のもとへ帰ることができた。(平成27年4月16日)
  • 事前登録していなかった方が行方不明になり、家族が警察に届け出たあとで、松阪市役所にも連絡。電話で行方不明になった方の特徴を聞き、メールを配信。その後無事に発見された。(平成27年3月27日)

実際に行方不明の方を見かけたときは、どうすればよいのでしょう?

 

内  容

確 認 い た だ く 状 況 と 対 応 例

本人の様子

徘徊されていると思われる高齢者を見かけたら、次のことを確認しましょう

  • 靴に目立つ黄色のシールが貼られている(登録No.入りの反射材シール)
  • 季節はずれの服装や、寝巻姿で歩いている
  • ちぐはぐな履物を履いたり、素足で歩いていたりなど不自然・思いつめたように一点を見つめて歩いているとか、視線が定まらない
  • 持ち物に名札(連絡先)がついている、など

発見したとき

相手を驚かせないよう、次のことに気をつけましょう

  • 急に近づかない(一定の距離をおき、まずは見守る)
  • 大声で声かけしない(あいさつなど笑顔で声をかける)
  • 後ろから声をかけない(前にまわって、ゆっくり声かけ)
  • 矢継ぎ早に質問しない

声の掛け方

やさしく次のように声をかけてみてください

  • 「こんにちは」
  • 「お出かけですか」
  • 「ご自宅はどちらですか」
  • 「何かお手伝いしましょうか」

保護する

徘徊している高齢者をその場に留めることが大切です

  • 「少し休まれてはいかがですか」などと声をかけ、落ち着ける環境で

    ひと息ついてもらいましょう

その後の対応

「困っている方がいます」などと、警察へ通報してください

  • 松阪警察署への電話は、Tel : 0598-53-0110

さりげない手助け・見守りが高齢者と家族を支えます

  • 日頃から地域であいさつなどの見守り、声かけ運動にご協力をお願いします。
  • 地域で、徘徊の心配がある高齢者をご存じの方は、ご家族などに事前登録をおすすめください。
  • 認知症を正しくご理解いただくため、認知症サポーター養成講座を行っています。講座の受講を希望される方は、担当窓口までお問い合わせください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)