現在地
トップページ > 上下水道 > 料金・その他 > 上下水道料金 > 上下水道料金表

上下水道料金表

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月24日更新

松阪市の上下水道料金は次のとおりです。

  1. 水道料金表 
  2. 水道の開栓手数料
  3. 公共下水道使用料料金表 (本庁、嬉野、三雲管内の方)

1. 水道料金 料金表   (2か月)

(1)水道料金 基本料金(消費税除く)
*平成27年7月の料金改定に伴う基本料金の金額は据置きとなっております。
用途メーター口径基本料金(2か月)
一般用13mm800円
20mm1,600円
25mm2,800円
30mm4,360円
40mm9,000円
50mm15,000円
75mm39,400円
100mm78,000円
150mm170,000円
公衆浴場用一般用に準じる
臨時用一般用に準じる
船舶用一般用に準じる

(2)水道料金 従量料金(消費税除く)
用途使用量(2か月)1立方メートル単価
一般用1~20 立方メートル 75円
21~40 立方メートル 159円
41~60 立方メートル 168円
61~120 立方メートル 195円
121~200 立方メートル 205円
201~400 立方メートル 216円
401~600 立方メートル 226円
601 立方メートル以上 235円
公衆浴場用1立方メートル当たり71円
臨時用1立方メートル当たり469円
船舶用1立方メートル当たり300円
私設消火栓演習用10分以内2,900円

【料金計算式】 (基本料金+従量料金)×消費税率=水道料金  *1円未満切捨て

計算例1:使用水量が2か月で45立米(メーター口径13mm、消費税10%)の場合
使用水量が2か月で45立米(メーター口径13mm、消費税10%)の場合

計算例2:使用水量が2か月で123立米(メーター口径20mm、消費税10%)の場合
使用水量が2か月で123立米(メーター口径13mm、消費税10%)の場合

上下水道料金2か月早見表(消費税10%用) [PDFファイル/1.48MB]
水道料金等の消費税率改定に関する経過措置について
(※料金早見表は下水道使用料も合わせて作成しております。)

2. 水道の開栓手数料


※開栓するときは、次の通り手数料が必要です。
 平成27年7月の料金改定に伴う開栓手数料の金額は据置きとなっております。
 令和元年10月から消費税率が10%になります。

水道の開栓手数料
口径別手数料(税込価格)
 13mm、20mm、25mmの場合  880円
 30mm、40mm、50mmの場合  2,200円
 75mm、100mm、150mmの場合 3,300円

3. 下水道使用料 料金表   (2か月)

(1)下水道使用料 基本料金(消費税除く)
用途基本料金(2か月)
一般用1,260円
公衆浴場用1,260円
臨時用1,260円

(2)下水道使用料 従量料金(消費税除く)
用途使用量(汚水排除量)(2か月)1立方メートル単価
一般用1~20 立方メートル35円
21~40 立方メートル185円
41~60 立方メートル205円
61~120 立方メートル230円
121~200 立方メートル260円
201~600 立方メートル290円
601 立方メートル以上320円
公衆浴場用1立方メートル当たり30円
臨時用1立方メートル当たり320円

【料金計算式】 (基本料金+従量料金)×消費税率=下水道使用料  *1円未満切捨て

計算例1:使用水量が2か月で45立米(メーター口径13mm、消費税10%)の場合
計算例3:使用水量が2か月で45立米(メーター口径13mm、消費税10%)の場合

計算例2:使用水量が2か月で123立米(メーター口径20mm、消費税10%)の場合
使用水量が2か月で123立米(メーター口径13mm、消費税10%)の場合

 

 

下水道使用料の早見表は、水道料金欄の上下水道料金早見表でご確認ください。

※松阪市では汚水の排除量を次の方法で決めております。

  1. 水道水のみご使用の場合は・・・
    水道メーターの検針水量をそのまま汚水排除量とします。
  2. 井戸水のみご使用の場合は・・・
    (一般家庭の場合)
    一人につき二か月16立方メートル(世帯人員×16立方メートル)の量を認定し汚水排除量とします。
    ただし、井戸水の水量を測定できる機器(メーター)を設置したときは、その示す量を汚水排除量とします。
    (一般家庭以外の場合)
    井戸水の水量を測定できる機器(メーター)を設置していただき、その示す量を汚水排除量とします。
  3. 水道水と井戸水の両方を使用している場合は・・・
    (一般家庭の場合)
    一人につき二か月16立方メートル(世帯人員×16立方メートル)の井戸の認定水量と水道使用水量を比較して多い方を汚水排除量とします。
    ただし、井戸水の水量を測定できる機器(メーター)を設置したときは、その示す量と水道使用水量を合算した量を汚水排除量とすることもできます。
    (一般家庭以外の場合)
    井戸水の水量を測定できる機器(メーター)を設置していただき、その示す量と水道使用水量を合算した量を汚水排除量とします。

飯高地域の簡易水道事業について

平成29年4月から飯高地域の簡易水道事業は松阪市水道事業(上水道)に事業統合しました。詳しくはこちらへ

延滞金について

2018年11月の松阪市議会において、「松阪市税外収入に対する督促手数料等に関する条例」が改正され、2019年4月から下水道使用料をお支払い期限までに納付されない場合は、延滞金が発生する場合がありますのでご注意ください。

お支払い期限の翌日から納付日までの日数に応じ、下水道使用料が2,000円以上であるときは、その金額に各年の特例基準割合に年7.3%を加算した割合(該当お支払い期限の翌日から1か月を経過するまでの期間については各年の特例基準に年1%を加算した割合)を乗じて計算した額の延滞金を徴収します。

審査請求について

お知らせした下水道使用料に不服がある場合は、通知があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内に、松阪市長に対して書面をもって審査請求をすることができます。
(なお、通知があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内であっても、1年を経過すると審査請求をすることができなくなります。)

ダウンロードファイル

上下水道料金2か月早見表(消費税10%用) [PDFファイル/1.48MB]
 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)