現在地
トップページ > 人権・男女共同参画 > 条例・基本計画・教育方針など > 人権関係 > 松阪市は「非核平和都市」を宣言しています

松阪市は「非核平和都市」を宣言しています

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月31日更新

松阪市は「非核平和都市」を宣言しています

松阪市は、平成17年12月22日に核兵器の廃絶と恒久的な平和を訴えるため、「非核平和都市」を宣言しています。
非核平和都市宣言

非核平和都市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願いであります。
しかしながら、現に核兵器が存在し、人類の生存に脅威と不安を与えています。
私たちは、日本国憲法の理念のもと、国是である非核三原則を遵守し、世界唯一の核被爆国民としてすべての戦争を否定し、この地球上からあらゆる核兵器の廃絶と戦争の根絶を訴えるものであります。
松阪市は、戦争の悲惨さと平和の尊さを広く訴え、恒久平和の実現に向かって、ここに「非核平和都市」を宣言します。

平成17年12月22日


当市は、この宣言がさらに実効性のあるものとするため、「平和首長会議」や「日本非核宣言自治体協議会」に加盟し、真の平和の実現に向け取り組んでいます。

戦争と平和を考えるパネル展

毎年8月、戦争の悲惨さと平和の尊さを訴え、恒久平和の実現に向けて「戦争と平和を考えるパネル展」を開催しています。

・開催期間 7月31日~8月16日
・開催場所 松阪公民館前ギャラリー、各地域振興局
戦争と平和を考えるパネル展の様子

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。