現在地
トップページ > 防災 > 災害への備え > その他の取組 > 松阪市防災情報・被災者台帳システム構築及び保守業務委託公募型プロポーザルの結果について

松阪市防災情報・被災者台帳システム構築及び保守業務委託公募型プロポーザルの結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月13日更新

松阪市防災情報・被災者台帳システム構築及び保守業務委託公募型プロポーザルの結果について

 市では、「迅速な情報収集と情報分析」、「的確な意思決定」、「市民への迅速な情報提供」等を支援するための『防災情報システム』と、「被害認定調査の実施」、「罹災証明の発行」、「被災者情報の適正管理」等を行うための『被災者台帳システム』を構築するにあたり、システムメーカーが持つ様々なノウハウを反映し、本市に最も適したシステムを選定するため、公募型プロポーザル方式により募集しました。

 平成30年7月17日より募集したところ、3社から参加申請書の提出がありました。参加資格審査の結果、いずれも参加資格を満たしており、この3社より企画提案書及び提案見積書が提出されました。その後、実施要領に基づき、平成30年8月22日に一次審査(書類審査)、平成30年8月31日に二次審査(プレゼンテーション及びヒアリング)を実施し、下記の審査結果のとおり最優秀提案者を選定しました。

1. 選定事業者

 所在地:愛知県名古屋市中区栄二丁目2番5号 電気文化会館8F
 会社名:株式会社ファルコン
 総合得点:751点/1,000点(二次審査)
 見積金額:46,589,796円(税込)

2. 選定方法

 松阪市防災情報・被災者台帳システム構築及び保守事業プロポーザル審査委員会を設置し、参加事業者から提出された書類による審査と、企画提案のプレゼンテーション、デモンストレーション及びヒアリングによる審査を行って選定しました。

3. 審査委員会

 松阪市防災情報・被災者台帳システム構築及び保守事業プロポーザル審査委員会設置要綱に基づき、10名の委員構成で審査を行いました。

  • 防災担当部局(危機管理特命理事、防災対策課長、防災対策課主幹、三雲地域振興課長)
  • 情報システム管理部局(情報企画課長)
  • 建設部局(土木課長、建設保全課長)
  • 課税部局(市民税課長、資産税課長)
  • 福祉部局(地域福祉課長)

4. 審査項目と配点

 選定基準に基づいて下記のとおり審査を実施し、最も高い点数を取得した業者を最優秀提案者としました。

一次審査(書類審査)

 提案内容評価(100点)
   1. 基本情報(5点)
      1-1 導入・運用実績(5点)
   2. 業務基本方針(25点)
      2-1 提案のコンセプト(5点)
      2-2 実施体制(5点)
      2-3 スケジュール及び作業内容(5点)
      2-4 管理体制(5点)
      2-5 役割分担(5点)
   3. システム要件(10点)
      3-1 システム構築方針(5点)
      3-2 構築手法(5点)
   4. 機能要件(30点)
      4-1 防災情報システムの機能(15点)
      4-2 被災者台帳システムの機能(15点)
   5. 非機能要件(20点)
      5-1 運用保守(5点)
      5-2 障害・災害対応(5点)
      5-3 セキュリティ対策(5点)
      5-4 研修(5点)
   6. 追加要素(10点)
      6-1 追加提案(10点)

二次審査(プレゼンテーション及びヒアリング)

 (1) 提案内容評価(200点)
  
 1. 基本情報(15点)
      1-1 導入・運用実績(15点)
   2. 業務基本方針(60点)
      2-1 提案のコンセプト(20点)
      2-2 実施体制(10点)
      2-3 スケジュール及び作業内容(10点)
      2-4 管理体制(10点)
      2-5 役割分担(10点)
   3. システム要件(35点)
      3-1 システム構築方針(20点)
      3-2 構築手法(15点)
   4. 非機能要件(60点)
      4-1 運用保守(15点)
      4-2 障害・災害対応(15点)
      4-3 セキュリティ対策(15点)
      4-4 研修(15点)
   5. 追加要素(30点)
      5-1 追加提案(30点)

 (2) 機能評価(500点)
 
  防災情報システム
      1-1 基本仕様(10点)
      1-2 メニュー構成(20点)
      1-3 災害対応の履歴管理(40点)
      1-4 災害情報管理(40点)
      1-5 避難情報管理(40点)
      1-6 避難所管理(40点)
      1-7 備蓄品管理(40点)
      1-8 職員参集(40点)
      1-9 タイムライン(30点)
      1-10 災害時要配慮者管理(30点)
   被災者台帳システム
      2-1 基本仕様(10点)
      2-2 被害認定調査支援(40点)
      2-3 調査票のデータ化(40点)
      2-4 罹災証明発行(40点)
      2-5 被災者台帳(40点)

 (3) 価格評価(300点)
   
価格評価点=(最低提案見積額/提案見積額)×300

5. 審査結果

6. 講評

 株式会社ファルコンは、官民連携により開発されたシステムを提案し、本市の災害対応業務に貢献する多彩なシステム機能、カスタマイズの柔軟性、運用後の保守及び機能追加等の対応などシステム構築から運用・保守に至る過程における対応等の点で評価されました。
 また、上記の評価に加え、見積価格についても最低価格であり、内容及び価格の両面においても、本プロポーザルの目的に合う最適事業者であると考えます。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)