現在地
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療・市民病院 > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金加入者が海外へ転出したとき

国民年金加入者が海外へ転出したとき

印刷用ページを表示する掲載日:2014年4月25日更新

 海外に住んでいる期間は、国民年金に加入する義務はありませんが、任意加入をして保険料を納付することができます。
 納付には、日本に在住し納付を代行する協力者が国民年金保険料を納付する方法と、日本国内に協力者がいない場合は、最終住所地を管轄する年金事務所で本人が手続きをして納付する方法があります。
 年金手帳・預金通帳・通帳印などを持って、市役所保険年金課、各地域振興局地域住民課または年金事務所で手続きをしてください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。