現在地
トップページ > 都市計画 > 都市計画 > 都市計画マスタープラン > 「松阪市都市計画マスタープラン」「松阪市立地適正化計画」の策定・公表に係る届出制度について【計画の概要と届出様式】

「松阪市都市計画マスタープラン」「松阪市立地適正化計画」の策定・公表に係る届出制度について【計画の概要と届出様式】

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月18日更新

 松阪市では、平成28年度から平成30年度にかけて、松阪市都市計画マスタープラン(H20.3策定)の中間見直しと松阪市立地適正化計画の作成に取り組んでいます。平成31年3月末に両計画の策定・公表を予定しています。

 松阪市立地適正化計画では、松阪都市計画区域内に「居住誘導区域」と「都市機能誘導区域」を設定いたします。両誘導区域以外で、一定規模以上の開発行為や建築行為等を行う場合、これらの行為に着手する日の30日前までに、行為の種類や場所などの届出が必要となります。
(都市再生特別措置法第88条第1項、第108条第1項、第108条の2第1項)
※各区域については、松阪市立地適正化計画(概要版)でご確認ください。

【各計画の概要】

松阪市都市計画マスタープラン(全体構想)(概要版) [PDFファイル/1.94MB]

松阪市都市計画マスタープラン(地域別構想)(概要版) [PDFファイル/8.54MB]

松阪市立地適正化計画(概要版) [PDFファイル/2.34MB]

松阪市立地適正化計画に基づく届出

〇居住誘導区域外における届出の対象となる行為

居住誘導区域外で一定規模以上の開発行為や建築行為を行おうとする場合、これらの行為に着手する日の30日前までに、行為の種類や場所などについて、市長への届出が必要となる。(都市再生特別措置法第88条第1項) (届出様式はこちら)

 

・住宅とは、戸建て住宅、共同住宅及び長屋等の用に供する建築物をいい、寄宿舎や老人ホームは含まれない。


・いずれの行為の場合も、行為の敷地が居住誘導区域の内外に渡る場合は、届出対象として取扱われる。

 

kyojuu

 

〇都市機能誘導区域外における届出の対象となる行為

都市機能誘導区域外で誘導施設を有する開発行為や建築行為を行おうとする場合、これらの行為に着手する日の30日前までに、行為の種類や場所などについて、市長への届出が必要となる。(都市再生特別措置法第108条第1項)

・いずれの行為の場合も、行為の敷地が都市機能誘導区域の内外に渡る場合は、届出対象として取扱われる。 (届出様式はこちら)

 

<開発行為>           

誘導施設を有する建築物の建築目的の開発行為を行おうとする場合

<建築等行為>

(1)誘導施設を有する建築物を新築しようとする場合

(2)建築物を改築し、誘導施設を有する建築物とする場合

(3)建築物の用途を変更し、誘導施設を有する建築物とする場合

※都市機能誘導区域に係る誘導施設を休止し、または廃止しようとする者は、その30日前までに、その旨を市長に届け出なければならない。(都市再生特別措置法第108条の2第1項)

toshi

 

届出制度開始時期

平成31年3月31日

届出様式及び記入例

添付書類

添付書類
届出の対象行為添付書類備考
開発行為当該行為を行う土地の区域並びに当該区域内及び当該区域の周辺の公共施設(道路、公園、広場、下水道等)を表示する図面(位置図等)縮尺1/1,000以上
設計図(土地利用計画平面図または配置図)縮尺1/100以上
その他参考となるべき事項を記載した図書(求積図) 
委任状届出を代理人に依頼する場合
建築行為敷地内における住宅等の位置を表示する図面(配置図)縮尺1/100以上
住宅等の2面以上の立面図及び各階平面図(立面図、各階平面図)いずれも縮尺1/50以上
その他参考となるべき事項を記載した図書(位置図、求積図) 
委任状届出を代理人に依頼する場合
上記行為の変更上記の「開発」「建築等」の項目を確認の上、変更にかかる箇所の確認に必要な書類 
休止・廃止(特になし) 

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)