現在地
トップページ > 都市計画 > 中心市街地整備事業 > “豪商のまち松阪”活き生きプラン > 「“豪商のまち松阪”活き生きプラン」の作成

「“豪商のまち松阪”活き生きプラン」の作成

印刷用ページを表示する掲載日:2014年3月7日更新

 松阪市では、これまで松阪駅を中心とした中心市街地(まちなか)のまちづくりを行うために、市民の皆さんをはじめ松阪市商店街連合会、松阪商工会議所、各種団体、行政などが関わり、様々な取り組みを実施しています。

 平成22年3月には、“みんなで考え、みんなでつくる” まちづくり指針として、平成22年度から平成24年度までの3年間を目途に実施するアクションプランであった「松阪まちなか再生プラン」を作成しました。平成22年6月には、「松阪まちなか再生プラン」に掲げた具体的施策(60項目)の事業推進を図るために、“松阪まちなか再生プラン推進委員会”を立ち上げ、各事業者との調整や活動報告の整理、元気なまちづくり活動発表会の開催などを行い推進を図ってきました。
    平成25年度には、市民の皆さんとワークショップを行い、また、まちなかに関係する4つの住民協議会の皆さんとも意見交換を行い、これまでの「松阪まちなか再生プラン」の内容を踏まえた上で、平成25年度から平成28年度までの4年間のアクションプランである『“豪商のまち松阪”活き生きプラン』を作成しました。

『“豪商のまち松阪”活き生きプラン』 [PDFファイル/6.9MB]について

プラン

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)