現在地
トップページ > 障がい者福祉 > 障がい者 > 地域生活支援事業等によるサービス > 日常生活用具の給付種目の追加について

日常生活用具の給付種目の追加について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月20日更新

平成31年1月から、日常生活用具の給付種目を追加しました。また、一部種目について、年齢緩和をしました。
詳しくは障がい福祉課までお問い合わせください。

追加種目

(1)人工呼吸器用自家発電機及び外部バッテリー又は家庭用蓄電池

対象者

在宅で人工呼吸器を使用している障がい者(医師意見書により、必要と認められるもの)

基準額

150,000円

(2)埋込型用人工鼻

対象者

音声機能障害又は言語機能障害を有する障がい者であって、
常時埋込型の人工喉頭を使用している者

基準額

月額16,500円

対象年齢を緩和した種目

(1)電磁調理器 
  18歳以上 → 学齢児以上

(2)聴覚障がい者用屋内信号装置
  18歳以上 → 学齢児以上

(3)酸素ボンベ運搬車
  18歳以上 → 学齢児以上

(4)点字ディスプレイ
  18歳以上 → 学齢児以上

(5)視覚障がい者用時計(盲人用時計)
  18歳以上 → 学齢児以上

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。