現在地
トップページ > よくある質問 > くらし・手続き > 税金 > 医療費を多く払っています。医療費控除が受けられると聞いたのですが、どうしたらいいですか?

医療費を多く払っています。医療費控除が受けられると聞いたのですが、どうしたらいいですか?

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月29日更新

医療費控除の制度は所得税・住民税ともにあります。医療費控除を受けるためには、
所得税がかかっている場合は、税務署で確定申告。
所得税がかかっていない場合は、市役所で市・県民税申告が必要です。
医療費控除の計算式は、以下の通りです。
『{(1年間に支払った医療費の合計)-(保険金、損害賠償金等で補填される金額)}-(10万円又は総所得金額等の5%のいずれか少ない方の金額)=医療費控除(最高200万円)』

医療費控除は医療費の払戻しを受けるものではありませんので、ご注意下さい。
 

なお、平成30年度市民税・県民税申告(平成29年分所得税の確定申告)から適用される
スイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)については下記リンク先をご覧ください。

スイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)がはじまります

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。