ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市長の部屋 > 市長定例記者会見 発言要旨(令和4年4月14日)

本文

市長定例記者会見 発言要旨(令和4年4月14日)

ページID:0108625 更新日:2022年4月14日更新 印刷ページ表示

所感

まず、3月29日に国からウクライナの対応を各自治体どうしますかという内容の調査がありまして、そちらの方には約10世帯は受け入れ可能ですと、また、市営住宅等にそういった準備が可能ですということで回答させていただいております。また、いろいろ民間レベルで、市内の方で受け入れについて動いていただいている方もいるんですが、具体的な動きにはまだ至っていないというところです。その後、もしそういう方が松阪市へ来たいと言われる方があるならば、いろんな形で支援をしていくということになろうかと思います。今、各自治体がいろんな制度を作ったりしておりますけれども、制度等は具体化してからになりますね。それはもう来るというふうなことになってから準備をしていくということになるかなというところで、今は待ちの状態です。また、県内の発表によりますと、ウクライナの方は県内に12名みえるということですので、その家族を頼って来られる方も中にはみえるかもわかりません。そういった形で、今後まずは推移を見守っていきたいと思います。もし来られるのであれば、きちんとした対応をしていきたいとこのように思っております。

それから、この前すでに発表させていただいておりますが、コロナのワクチン接種で、4月7日に12歳から17歳の3回目接種の発送をさせていただきました。その対象者が約8000人です。その内の3500人に送ったということになりまして、12日から予約を開始いたしました。じゃあそれが埋まっているかというとまだですね、4月の一番早い接種日が4月の19日で、ここは集団接種会場だけですのであまりどうこうはないんです。それと、平日を接種日にあてましたので、放課後の午後4時からという受付時間にしています。今のところ、昨日現在、13日の10時現在ですね、約半分というような予約状況です。4月7日に発送したばかりですから、ここのところが進んでいくのはまだこれからだと思います。極力皆さんに3回目の接種をお願いをしていきたいというふうに思っております。それから大人の方ですね、前にも発表しているとは思いますけれども、高齢者はほぼ8割以上、年齢を5年間でだいたい区切ってるんですけれども、特に一番多いところは70歳から74歳の5年間のところで、90.1%が接種済みです。9割超える方が3回目のワクチン接種をすでに終了をしていただいているというところでございます。今はもう、いわゆる高齢者の方は先に接種券を送って、1回目2回目が早うございますので、3回目が回ってくるのが早いんですが、今、毎週送らさせていただいているのは若い世代ですね。傾向を言いますと、年齢が若くなればなるほど接種率が上がっていっていないという状況です。3月から始めました5歳から11歳は、1回目接種が昨日時点で1割を超えました。10.6%まできております。こちらの方はそれなりに協力をいただいているということかなということです。松阪市の場合ワクチン接種につきましては、まず65歳以上の方、次に55歳までの10年間のところを送りました。その後、それ以下という3段階でだいたい接種券を送りましたので、接種の時期がある程度年齢層で強弱がついていくということもありまして、お若い方がまだ接種してないというふうなことかと思います。今ですね、少し悩ましいのが、特に集団接種会場だけで申し上げると、予約枠に空きが発生しているという状況でございます。接種券をお持ちの方はぜひご協力をいただければというところでご報告を申し上げます。というのが、もうすでに報道しておりますけれども、感染者が連日高止まりで、下げ止まりというんですかね、毎日50人、60人でている状況で、まだ第6波の収束の見通しが立ってないというところです。新学期も始まりました。相変わらず子どもたちの感染というのはそれなりの数になっています。そうすると、前にも言いましたけれども、お子さんが感染するとだいたい家族全員が感染するというふうなことになっております。それはそうですね、小さいお子さんですとなかなか隔離してという訳にはいきませんから、どうしてもそういうふうな傾向になるということかと思います。ワクチン接種で一つよく言われるのが副反応ですね。やっぱり2回接種された中で副反応がでて、3回目打つのが怖いというふうなご意見ももちろんございます。専門家に言わせますと、接種をすることによって重症化リスクが随分軽減されるということでございますので、できればご協力をいただければと思います。義務ではないですからね、本人の選択ではありますけれども、ぜひご協力をいただきたいということで、まずは所感とさせていただきます。

発表事項

  1. 国内シェアNo.1の登山地図アプリ「YAMAP」にまつさか香肌イレブンデジタルバッジが登場!
  2. 「ちゃちゃも手作り母子健康手帳カバー」の作成について
  3. 松浦武四郎記念館のリニューアルオープンに向けた取り組み
  4. 松阪市職員旧姓使用について

資料

00.市長記者会見事項書[PDFファイル/292KB]

01.国内シェアNo.1の登山地図アプリ「YAMAP」にまつさか香肌イレブンデジタルバッジが登場![PDFファイル/234KB]

02.「ちゃちゃも手作り母子健康手帳カバー」の作成について[PDFファイル/84KB]

02.母子手帳(1)(ちゃちゃもねんね)[PDFファイル/161KB]

02.母子手帳(2)(ちゃちゃもがいっぱい)[PDFファイル/283KB]

02.母子手帳(3)(ちゃちゃもと松阪もめん)[PDFファイル/806KB]

02.母子手帳(4)(ちゃちゃもとたまご)[PDFファイル/223KB]

03.松浦武四郎記念館のリニューアルオープンに向けた取り組み[PDFファイル/150KB]

04.松阪市職員旧姓使用について[PDFファイル/330KB]

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

facebook

インスタグラム