現在地
トップページ > 介護保険 > 介護保険 > 介護サービスをご利用の方へ > 公費負担医療対象者の高額介護サービス費の算定誤りによる追加支給について

公費負担医療対象者の高額介護サービス費の算定誤りによる追加支給について

印刷用ページを表示する掲載日:2022年5月27日更新

公費負担医療対象者の高額介護サービス費の算定誤りによる追加支給について

概要

 介護保険制度では、介護保険サービスを利用したときの一か月あたりの自己負担額の合計が一定額を超えた場合、その超えた額を「高額介護サービス費」として利用者に支給しています。

  このたび、難病患者に対する特定医療費の支給など公費負担医療の支給を受ける方が、訪問看護等の介護サービスを利用されたときの自己負担額を他の介護保険サービスの自己負担額に含めずに計算していたため、支給すべき高額介護サービス費の支給額に不足が生じていたことが判明しました。

追加支給対象者および額

対象者数27名
追加支給額325,991円

対象期間

保険給付費分:令和元年12月~令和4年3月利用分

総合事業費分:平成28年12月~令和4年3年利用分

今後の対応

 すでに追加支給の対象となる方には、お詫びと追加支給についてのご案内の文書を送付しています。

 現在、高額介護サービス費の他に高額医療合算介護サービス費にも影響が及ぶ可能性があることから、調査を進めているところです。追加支給の総額が判明次第、すみやかに追加支給をおこないます。

 なお、すでにシステム改修が行われ、令和4年4月利用分以降は正しい金額を支給できるようになっております。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。