現在地
トップページ > 人権・多様性社会 > 多文化共生 > 日本語学習支援 > 初期適応支援教室「いっぽ」について

初期適応支援教室「いっぽ」について

印刷用ページを表示する掲載日:2014年10月7日更新

松阪市では市内の小中学校へ在籍している外国人児童生徒を対象に、初歩的な日本語学習や日本で生活するための知識を学ぶ初期適応支援教室「いっぽ」を開設しています。
ことばの壁や生活習慣の違いから学校生活に不安をかかえている外国人児童生徒に対し、日本語学習を行うなど、日本の学校への適応を支援しています。

ダウンロードファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)