現在地
トップページ > 健康センターはるる > はるるのご紹介 > 健康づくり計画の推進 > 第2次松阪市健康づくり計画を策定しました

第2次松阪市健康づくり計画を策定しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

基本理念

『みんなが輝くいきいき健康なまち』をめざして

 市民みんなが輝き、いきいきとした生活を送るためには、健康であることは重要な要素の一つです。
第2次松阪市健康づくり計画では、大きな健康課題の一つである生活習慣病予防に着目するとともに、笑顔で子育てができるまちや、地域の力を生かした健康なまちづくりをめざします。
 

基本方針と行動目標

 計画の基本理念を実現するための3つの基本方針を「1.元気なからだ」「2.笑顔で子育て(松阪版ネウボラ)」「3.健康なまちづくり」とし、『元気なからだ』では「健康管理・検診」「身体活動・運動」「栄養・食生活」「歯・口腔の健康」「たばこ・飲酒」「休養・こころの健康」の6つの分野から、生活習慣の改善に取り組みます。
 行動目標のなかでも「がん検診を受けよう!」「毎日合計60分 からだを動かそう!」「野菜たっぷり 塩は“かるしお”」「楽しく子育てしよう」「地域ぐるみで健康づくり」の5つを重点目標とします。

計画の体系

                   計画体系図

『1.元気なからだ』

 自分や家族の健康について関心を持ち、子どもの頃から健康な生活習慣を身につけることはとても大切です。
望ましい生活習慣を送れるよう、定期的な健康診査やがん検診の受診、ウオーキングや身体活動量の増加、バランスのとれた食生活、生活習慣病の予防、歯の健康管理などを推進します。

『2.笑顔で子育て(松阪版ネウボラ)』

 「ネウボラ」とはフィンランド語で相談の場を意味し、フィンランドには妊娠中から子育てを通じ子どもとその家族をサポートする制度があります。「松阪版ネウボラ」は、健康センターはるるを拠点とし、妊娠中から子育期まで途切れなくサポートします。

『3.健康なまちづくり』

 住民協議会や自治会等の関係機関において、地域に応じた健康づくりを支援し、健康なまちをめざします。
ウオーキングサポーターや食生活改善推進員などのボランティアの輪を広げ、地域の健康づくりに取り組みます。

計画期間

平成29年度~35年度の7年間

                       計画書表紙              

関連リンク

ダウンロードファイル

第2次松阪市健康づくり計画 [PDFファイル/14.3MB]
 

第2次松阪市健康づくり計画 ダイジェスト版 [PDFファイル/1.75MB]

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

がん検診ネット予約<外部リンク>