せん仏

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月24日更新

三雲管内
95-173
せん仏(せんは土へんに専)
(せんぶつ)

市指定有形文化財

概要

1躯/奈良時代~平安時代/甚目町 甚国寺/全高4.6センチ、幅2.5センチ、厚さ2センチ 像高約3.5センチ /昭和37年11月15日

 近在の手力男(たぢからお)神社北方の畑地から出土した。小さい像であるが、比較的くっきりとした輪郭線をもち、尊容も明確である。尖った頭光(ずこう)や、左手を包む大衣(だいえ)の端を前方に垂らす着衣、あるいは膝を捉らえる視点がやや高いことなど、白鳳時代のせん仏の特色が認められる。 

せん仏

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。