現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 南部地区 > 大淀三千風関係資料

大淀三千風関係資料

印刷用ページを表示する掲載日:2020年9月9日更新

本庁管内 南部地区
67-133
大淀三千風関係資料
(おおよどみちかぜかんけいしりょう)

市指定有形文化財

概要 

2巻/貞享3年(1686)/射和町 延命寺/紙本墨書、巻子装、36.8×416.8cm及び36.8×571.8cm/昭和60年3月30日 

「戴竜山延命寺眺望の詞并九景」及び「戴竜山延命寺院中地蔵院九景の品定」と表題が記された2点で、全国行脚を続けていた三千風が、貞享3年に帰郷した際、延命寺の情景を寺に書き残したものである。なお、その当時、延命寺は本堂の再建がなり、伽藍の整備が進んでいた。

大淀三千風関係資料

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。