現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 市内全域・地域を定めず > おおだいがはらさんしょううお

おおだいがはらさんしょううお

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月3日更新

・市内全域・地域を定めず

217
おおだいがはらさんしょううお
(おおだいがはらさんしょううお)

 

県指定天然記念物

概要

地域を定めず/昭和33年12月15日指定

 有尾目(サンショウウオ目)サンショウウオ科。日本産小型サンショウウオの中では日本最大で、大きいものは20cmをこえる。全身黒色で斑点がなく、腹面は色が淡い。日本固有種で、三重県以西の本州、四国、九州に分布するが、生息地は局所的である。三重県では、三峰、台高、紀州の山地の自然林の残されているところに生息地が点在する。成体は繁殖期以外は林床に、幼生は源流に近い清流に生息する。

オオダイガハラサンショウウオ

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。