現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 中部地区 > 織田信雄朱印状

織田信雄朱印状

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月20日更新
  • 本庁管内
  • 中部地区

40-79
織田信雄朱印状
(おだのぶお(のぶかつ)しゅいんじょう)

市指定

概要

  • 1通
  • 天正11年(1583)
  • 飯福田町273 飯福田寺
  • 紙本墨書、32×45cm
  • 昭和31年2月22日市指定

 この文書は天正11年、織田信雄が飯福田寺に与えた朱印状で、「飯富田郷・後山郷」で、合わせて115貫文を寄進したものである。
 飯福田寺は修験道の道場であるが、その沿革は確かな史料がなく不詳である。近世の地誌『勢陽雑記』などによると、伊勢国司北畠家の祈祷所(きとうしょ)として天文(てんぶん)年間までに補修を加えて伽藍を整えたと記される。
 信雄は織田信長の二男で幼名を茶筅丸(ちゃせんまる)、後は北畠氏の家督を継いで具豊、信意、信雄と改名している。

織田信雄朱印状

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。