現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 市街地区 > 紙本墨書西黒部文書

紙本墨書西黒部文書

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月12日更新

本庁管内 市街地区
13-48
紙本墨書西黒部文書
(しほんぼくしょにしくろべもんじょ)

県指定有形文化財

概要

888点/江戸時代~明治時代/郷土資料室(松阪市立図書館内)/
昭和31年12月5日

 紀州藩領西黒部村の喜多村家に所蔵伝来されてきた、江戸時代初期から明治末年にいたる庄屋文書で、総数にして888点に及ぶ。
 本文書の中で特記すべきものとしては、河口・海辺の低湿地帯における新田開発や風水害対策に関する資料、各年次を通してほぼ完備した検地帳・御用留帳などがあげられ、近世の農漁村経営資料として史料的な価値も高い。

西黒部文書

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。