現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 北部地区 > 木造増長天立像<薬師寺>

木造増長天立像<薬師寺>

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月26日更新
  • 本庁管内
  • 北部地区

49-91
木造増長天立像
(もくぞうぞうちょうてんりゅうぞう)

市指定有形文化財

概要

  • 1躯
  • 平安時代
  • 船江町 薬師寺
  • 像高106cm、檜材、一木造
  • 昭和27年1月26日

 本尊の右側の像で、持国天立像と法量・材質・造形感覚がきわめて類似し、もともと一具として造られたものであろう。両像は顔の方向、手の動作、腰のひねりに相呼応するものがあって、四天王像のうち2体が残ったものと考えるより、当初より二天彫像として造られたものではなかろうか。プロポーションは持国天立像とかわりないが、口を阿形に開き、眉尻をつり上げた憤怒相もどこかにおかしさを秘め、腹部の太帯をかむ獅噛(しがみ)の大きな顔の彫出にも滑稽さを伴う。
 全体の相好、構造、造形手法から持国天立像とともに本像は、本尊と同時期の平安時代初期の作と推定される。

木造増長天立像

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。