松坂城跡

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月12日更新
  • 本庁管内
  • 市街地区

14-50・240
松坂城跡
(まつさかじょうあと)

国指定史跡

概要

  • 天正16年(1588)
  • 殿町
  • 指定面積:47,337.30平方メートル
  • 平成23年2月7日

 天正16年、蒲生氏郷(がもううじさと)の築城による平山城(ひらやまじろ)で、北東を大手(おおて)、南東を搦手(からめて)とし、本丸、二の丸、三の丸等よりなる。本丸、二の丸に高い石垣を築き、三の丸の外周には土居(どい)と水堀(みずぼり)が巡っていた。
 天正18年(1590)、氏郷が会津(福島県)へ移封の後、服部一忠(はっとりかずただ)、古田重勝(ふるたしげかつ)、同重治(しげはる)と城主は変わるが、元和(げんな)5年(1619)に紀州藩領となり、それ以後、城内には藩の出先機関が置かれた。
 本丸西隅の天守台には三層の天守が聳(そび)えていたが、正保元年(1644)大風により倒壊したと記録にあり、同じ頃の城絵図には敵見(てきみ)・金ノ間(きんのま)・太鼓(たいこ)・月見(つきみ)・遠見櫓(とおみやぐら)が描かれている。
 幅15~31m、総延長2km余あった水堀は明治初期に埋められ、神道川(じんどうがわ)等に名残りをとどめる。
 1988年度から2003年度までの石垣修復の間、発掘調査や鳥・猿舎の撤去等の城跡整備を行い、2006年には日本城郭協会から「日本名城百選」に選定された。

松坂城跡

松坂城跡

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。