現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 市街地区 > 刀 銘村重

刀 銘村重

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月11日更新
  • 本庁管内
  • 市街地区

12-46
刀 銘村重
(かたな めいむらしげ)

県指定有形文化財

概要

  • 1口
  • 室町時代
  • 殿町 個人
  • 長さ75.3cm、反り2.4cm
  • 昭和39年10月16日

 鎬(しのぎ)造り、庵棟(いおりむね)、中切先、先反りは強い。鍛えは板目、刃文はのたれ足入り、帽子は火焔ごころに尖(とが)る。表裏の刃文はよく揃い、両面に棒樋(ほうひ)を掻き流している。茎(なかご)の形はたなご腹で鑢(やすり)は筋違(右下り)で、目釘穴は2個。銘「村重」。
 村重は桑名の刀匠村正の門人で、16世紀前半代の刀鍛冶。実在刀は非常に少なく、現在、三重県に登録されているものはこれ一口(ふり)のみで、本作は村正の特色をよく示している。


刀 銘村重

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。