印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月25日更新

本庁管内 北部地区
50-96

(つば)

県指定有形文化財

概要

8枚/江戸時代/塚本町 個人/径7.7~8.3cm、厚さ0.4~0.5cm/昭和31年5月2日

 8枚あり、表裏に梅・竹・牡丹・海老・胡蝶などの図柄をそれぞれに華麗に象嵌(ぞうがん)している。これらは特別に「亀山鐔」の名で親しまれたものである。亀山鐔とは、元禄年間、近江国国友村の鉄砲鍛冶が亀山に来住して、種子島の銃身に施す布目象嵌を鐔の製作に応用したものをいい、象嵌には「砂張(さはり)」という白亜色の特殊合金(銅と錫(すず)と亜鉛を主としたもの)を用いている。

鐔 (俗称亀山鐔)1 鐔 (俗称亀山鐔)2

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。