伊勢山上

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月20日更新

本庁管内 中部地区
36-75
伊勢山上
(いせさんじょう)

県指定

概要

飯福田町寺の前・赤江谷・井ノ谷/指定面積:297,736平方メートル/昭和27年8月8日

 飯福田(いぶた)山は一志高原の北麓に位置する第三紀砂礫岩(されきがん)よりなる、標高390m、高低差約200mの山麓丘陵であり、散在する巨大な露岩が自然の風化により、奇岩、怪石、岩窟の様相を呈し、絶妙の風光美を形成している。麓にある飯福田寺は役小角(えんのおずぬ)の開創と伝え、飯福田寺周辺一帯は伊勢山上といい、鎌倉時代頃より修験道の霊場となり、「岩屋本堂」をはじめ「鏡掛」「蟻ノ戸渡り」など多くの行場がある。現在も夏季には修験僧が多く登山する。
 名勝指定の区域は寺周辺約30万平方メートルに及び、赤目一志県立公園にも含まれている。

伊勢山上

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。