現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 北部地区 > 古田大膳書状

古田大膳書状

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月26日更新
  • 本庁管内
  • 北部地区

55-102
古田大膳書状
(ふるただいぜんしょじょう)

市指定有形文化財

概要

  • 1通
  • 江戸時代
  • 松崎浦町 松ヶ崎神社
  • 紙本墨書、36×54cm
  • 昭和53年11月11日

 この文書は、松阪城主古田大膳重治が松ヶ崎の船頭たちにあたえた証文で、その内容は、積みあまりがある時以外は、他所の船に決して荷を積ませないという特権を保証したものである。
 この松ヶ崎船の特権は、紀州藩領となった江戸時代においても引き続き保持されていた。

古田大膳書状

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。