銅鏡

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月29日更新

三雲管内
96-174
銅鏡
(どうきょう)

市指定有形文化財

概要

1面/平安時代/曽原町 法性寺/直径12.2センチ 縁高1.2センチ/昭和37年11月15日

 縁は直角式の中縁に近いが、内側には傾斜がある。裏面の鈕(ちゅう)の回りには鴛鴦(おしどり)が配置され、その周囲を唐草文で埋める。鏡面には三尊仏の毛彫りがあり、中央に阿弥陀如来、左に千手観音、右に薬師如来を配する。阿弥陀如来の上には天蓋があり瓔珞(ようらく)の表現がある。
 鏡面は毛彫りの後に研磨され、三尊仏は不鮮明な箇所がある。鏡は全体として歪んでいる。経塚などの埋納物であったものが、何らかの理由によって法性寺へ伝わったものと考えられる。  

銅鏡

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。