現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 北部地区 > 銅造阿弥陀如来坐像<薬師寺>

銅造阿弥陀如来坐像<薬師寺>

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月26日更新
  • 本庁管内
  • 北部地区

49-93
銅造阿弥陀如来坐像
(どうぞうあみだにょらいざぞう)

市指定有形文化財

概要

  • 1躯
  • 慶安5年(1652)
  • 船江町 薬師寺
  • 像高75cm、銅造
  • 昭和27年1月26日

 定印(じょういん)を結ぶ像で、背面全体の陰刻銘により本堂再建の前年に鋳造された、温和なまとまりを見せる江戸時代前期の仏像である。

銅造阿弥陀如来坐像

 

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。