現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 北部地区 > 馬場勝兵衛書状

馬場勝兵衛書状

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月25日更新

本庁管内 北部地区
55-103
馬場勝兵衛書状
(ばばしょうべえしょじょう)

市指定有形文化財

概要

1通/慶長5年(1600)/松崎浦町 松ヶ崎神社/紙本墨書、35.5×52.8cm/昭和53年11月11日

 本文書は慶長5年、松崎庄屋七右衛門に対し、松ヶ崎の加子(かこ:船頭)らの忠節への褒美として、地子35石3斗3升を与えると申し渡したものである。差し出しの馬場勝兵衛は、松阪城代主古田重勝の家臣である。
 この文書が発せられた3ヶ月前の関ヶ原の合戦で古田重勝は東軍に属して戦っており、松ヶ崎の村民も加子として徴発されたことがわかる。

馬場勝兵衛書状

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。