現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 中部地区 > 稲葉兵庫頭安堵状

稲葉兵庫頭安堵状

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月20日更新

 本庁管内 中部地区
40-80
稲葉兵庫頭安堵状
(いなばひょうごのかみあんどじょう)

市指定

概要

1通/文禄3年(1594)/飯福田町 飯福田寺/紙本墨書、29.4×43.6cm/昭和31年2月22日

 この文書は、飯福田寺の居屋敷及び山について、往古の如く相違ないことを安堵したものである。連署者の鵜飼実持・松村吉次は当時田丸城主であった稲葉兵庫頭重道(重執)の奉行人である。この文書が発せられた文禄3年は、伊勢国でいわゆる太閤検地が実施された年であり、稲葉重道も検地奉行のひとりであることから、飯福田寺の居屋敷等を検地から除外することを認めたものであろう。なお、文面は以下のとおりである。

  猶以山之儀 如古相違無御座候 以上
飯福田寺居屋敷之儀 兵庫様二得御意候ヘハ 無別儀候間 為其一筆申入候 恐々謹言
 文三
  八月十日      松村作兵衛吉次 (花押)
              鵜飼三蔵実持 (花押)
 飯福田寺三位殿まいる

稲葉兵庫頭安堵状

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。