現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 市街地区 > 紙本墨書蒲生忠三郎宛安堵状

紙本墨書蒲生忠三郎宛安堵状

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月1日更新
  • 本庁管内
  • 市街地区

6-23
紙本墨書蒲生忠三郎宛安堵状
(しほんぼくしょがもうちゅうざぶろうあてあんどじょう)

市指定有形文化財

概要

  • 1幅
  • 天正10年(1582)
  • 殿町 本居宣長記念館(小津茂右衛門コレクション)
  • 紙本墨書、掛幅装、29×40cm
  • 昭和28年12月8日

 この文章は、蒲生氏郷に対し、佐久間信盛の旧領1万石について、その知行(ちぎょう)を承認したものである。
 天正10年は、まさに激動の年であった。6月2日、織田信長を本能寺で自刃させた明智光秀は、同13日、山崎の合戦で羽柴(はしば)秀吉(後の豊臣秀吉) に敗れ、農民により殺された。そして同月27日には、本文書に連署する羽柴秀吉、惟住(これずみ)(丹羽(にわ))長秀、池田信興(のぶおき)、柴田勝家ら織田家の宿老が清洲城に会し、三法師(さんぽうし)(秀信(ひでのぶ))を継嗣(けいし)に定めるとともに、遺領を配分した。この文章は、その結果をうけて発給されたものである。

蒲生忠三郎宛安堵状

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。